小平事件(連続女性殺人事件)


−経緯−
昭和21年8月17日午前9時30分頃、東京の芝・増上寺境内の奥まった雑木林に、若い女性が手拭を首に巻かれて死んでいるのを雑木を拾いに来た近所の男が発見した。直ちに警察が調査すると、推定20歳前後の女性が全裸で死んでおり死後10日と推定された。また、この現場から約10m離れた所で、白骨化した女性の死体も発見され、死後推定1ヶ月と見られた。

この事件は、翌日の18日の朝刊で報道されたが、早速行方不明の家族が名乗り出た。母親が全裸死体を確認したところ、三女の緑川柳子さん(当時17歳)であることが確認された。柳子さんは8月6日午前9時30分頃、知人に会うといって家を出たのを最後に行方不明になっていた。そこで、警察はその知人の特定を急いだ。

柳子さんは7月10日頃、勤務先の銀座4丁目にある喫茶店の仕事を終えて帰宅途中、品川駅で小平義雄(当時42歳)に「安くお米を買うことができる」とか「就職を斡旋する」などと声をかけられた。食料難の時期に《この言葉は魅力》である。また小平はこの時期、進駐軍専用の洗濯工場で勤務しており羽振りが良かったことで柳子さんは途端に騙されてしまった。

犯行当日の8月6日、小平は柳子さんに「進駐軍の仕事を斡旋する。食べ物にも事欠かない」と言って品川駅に呼び出した。品川駅で合流すると小平は、「まだ時間があるから散歩しよう」と言って増上寺に連れだし乱暴・殺害したのだった。

柳子さんは、小平の住所を母親に告げていた。この事が決め手となり19日の夕方、渋谷の妹宅で同居している小平を殺人容疑で逮捕したのだった。

−残忍な連続殺人−
小平は子供の頃から粗暴で、戦前に結婚した妻が実家に戻った際、妻の父親を鉄棒で殺害し6人に重傷を負わせている。その後、二度の特赦で僅か6年で仮出所している。昭和19年、小平は再婚した。東京の空襲が激しくなってきたため妻を富山県に疎開させ、小平は軍需工場で働く女性勤労者の女性寮の雑用をしていた。戦後、この寮は女子寮として残り、小平はボイラー係りとして勤務していた。

8月19日の逮捕後の事情聴取で、小平は10件の婦女暴行を自供。戦前、戦中、戦後にかけて同様の手口で女性を殺し、その後に関係を持つという異常な行為であった。小平は取調べ中、終始反省する態度を見せず警察官からもらうタバコを美味しそうに吸いながら、楽しそうに供述したという。

@昭和20年5月25日大森駅で声をかけた女性(当時21歳)に言葉巧みに小平の宿舎に誘い出し暴行殺害。

A同年6月9日国民小学校の少女(当時15歳)に「ビスケットをあげる」と運送会社の自動車置き場で暴行殺害。

B年6月23日疎開先の栃木県清瀬村で食糧に困窮していた主婦(当時31歳)に「知り合いの農家を紹介する」と言って山林内で暴行殺害。

C同年7月12日渋谷駅で声をかけた女性(当時22歳)に「知り合いの農家に行けば米を買える」と栃木県真名子村の山林に連れ出し暴行殺害。

D同年7月15日池袋駅で声をかけた女性(当時21歳)に「食糧を買えるところに連れて行ってやる」と言って栃木県清瀬村で暴行殺害。

E同年9月28日東京駅で声をかけた女性(当時21歳)に「イモを買えるところを紹介する」と言って栃木県清瀬村で暴行殺害。

F同年11月1日渋谷駅で声をかけた女性(当時17歳)に「暖かい場所にきなさい」と言って渋谷駅前の東横デパート地下室に誘い暴行殺害。

G同12月30日東武浅草駅で声をかけた女性(当時21歳)に「知り合いの農家に行こう」と言って栃木県下西村の山林で暴行殺害。

H昭和21年7月22日前述の白骨化女性。

I同年8月6日前述の柳子さん。

小平は以上の10件を自供したが、さらにその後の犯行を仄めかすと警察は慌ててこれ以上の犯行を追求しなかった。それほど、前代未聞の異常な事件だった

「私が女達を殺害した理由は、死に顔を見たいとか、死の苦しみを見て喜ぶとかいったことではないのです。女は殺さなければ言うことを聞かない。殺してからゆっくり楽しんでやろうと思うからです。普通のやり方より死姦の方がいいです。自由になりますから。

女を殺した後、陰部を見ながら、今まさに関係しようとする瞬間が何とも言えないのです。殺されてもよいと思うときがあります。日本刀で後ろから首を斬られてもかまいません。そんなによいのです」。これは、小平の供述の一つである。

小平は、10件の犯行を認めたが裁判で2件が不起訴となった。が、8件の婦女暴行、殺人、遺体遺棄の罪で昭和22年6月18日東京地裁は小平に死刑判決。昭和23年2月27日東京高裁は小平の控訴を棄却。同年11月16日最高裁は上告を棄却して小平に死刑が確定した。昭和24年10月5日、宮城刑務所で死刑執行された。

画像 画像
犯人の小平 犯行現場の増上寺境内(中央が遺体)

 

inserted by FC2 system