世田谷・一家四人殺人事件


−経緯−

平成12年12月31日、午前10時50分頃、東京都・世田谷区上祖師谷の経営コンサルタント会社社員・宮沢みきおさん(当時44歳)、妻の泰子さん(当時41歳)、長女の小学校2年生・にいなちゃん(当時8歳)、長男の保育園児・礼ちゃん(当時6歳)の一家4人が死んでいるのを、隣家に住む泰子さんの母親(当時71歳)が発見した。

みきおさんは首、腕など数個所刺され階段の下で死亡。泰子さんとにいなちゃんは2階の階段近くで、数箇所刺されて死亡。礼ちゃんは3階の屋根裏部屋の寝室のベットで窒息死していた。

警察の調査で犯行時間は、前日の30日、午後11時半から翌日の午前0時頃。犯人は、恐らく電柱を登って二階に侵入し、持参した鋭利な包丁で刺したと思われる。また、刺し傷を見ると、死んでもなお執拗に包丁で刺してることから、怨恨説が有力であった。ところが、宮沢夫婦は仲が良く、他人に恨まれることなど有りえないとの周辺の声が多く、またその事実も見当たらなかった。

−不可思議な犯人の行動−
犯人は、犯行直後に逃走したのではなく、泰子さんの母親が不審に思って、宮沢さん宅を訪問する20分前(即ち10時30分頃)まで宮沢宅に居たことが判明した。
その根拠として、宮沢宅にあるパソコンのインターネットを調べたところ、10時30分頃までのログが記録されていた。犯人は、ネットで「劇団四季」、「科学技術庁」などのホームページにアクセスしている。また、犯人は四人を殺した後、冷蔵庫にあったアイスクリーム3個とメロンを手づかみで食べ、ペットボトル2リットルを一気飲みした形跡があった。

さらに不可思議ことは、犯人が残していったバッグの中に「チタン酸バリウム」という特殊な白い粉(電子機器のコンデンサー生産に使用する)や「モナザイト」が発見された。このモナザイトは1億4000万年以上前の物であることが判明。さらにシリコン(半導体で使用する)、ニッケル、銅など肉眼では識別できない程度の大きさの物質1600粒が発見された。

殺人現場の状況も不可思議で、宮沢さんの会社関係の書類が部屋中散乱しており、特に浴槽の散乱が一番激しかった。
これら一連の行動の一つ一つが何らリンクせず、調査は難航を極めている。

−懸賞金−

泰子さんの父親は、捜査が難航していることに苛立ちを隠せず、重要な情報者には200万円の懸賞金を提供することを決め、ポスターも5万枚を作成し近隣地域も含めて捜査協力の活動を続けている。が、捜査は、いまだに犯人の輪郭さえ捕らえることが出来ない状況が続いている。

成城署の捜査協力依頼のポスタ 犯人の服装


ホーム

inserted by FC2 system