広島新交通システム・アストラムライン工事橋げた落下事故


-経緯-
平成3年3月14日午後2時5分頃、広島市安佐南区上安2丁目の新交通システム「アストラムライン」の高架線工事現場で、長さ63メートル、重さ60トンの橋げたが落下。信号待ちをしていた車両11台を押しつぶして10人が即死。建設作業員の5人を含む15人が死亡する大惨事となった。

運悪く信号待ちしていた車両は、一瞬にして1.5メートル前後の車が50センチ程度に押しつぶされた。事故後、橋げたを撤去して現場検証をした警察官、関係者は目を覆う凄惨な状況であった。

アストラムラインは、広島市内の渋滞緩和を目的とした高架線を走る次世代の車両で、広島市の中心を?字に運行する新交通システム。この建設にあたり、高架線の下を走る片側2車線の道路は、一日15000台が通る幹線道路。このため、迂回路を設けて工事現場を通行止めにする措置をしないまま工事を進めていた事故だった。

-原因-
この事故の原因は、事故後の調査で人為的ミスであることが明確になった。まず、大型クレーンで、問題の橋げたをおよそ10メートル上にある高架線柱に釣り降ろした。この時、橋げたを受ける油圧ジャッキの受台(H鋼)は、井桁に組むところを3段同じ方向で組んでいたため、受台が座屈。そのはずみで傾斜した橋げたに規定以上の重量が油圧ジャッキに掛かって破損。更に橋げたは傾斜して真下で信号待ちしていた車両へ落下していった。また、事故当時現場監督は不在。下請け会社から委託されていた孫受け会社の作業員らは受台を井桁に組むなどの知識は皆無であった。

事故現場 原因
出展:日経コンストラクション編
失敗知識データベース
-失敗百選から
ジャッキ受台が座屈して落下


-その後-
業務上過失致死で起訴された建設会社は、統括責任者に禁固2年、執行猶予3年が言い渡されるなど有罪が確定。現場付近の上安駅の階段下には慰霊碑が建立された。

-後日談の不思議-
この事故で、運良く災難から免れたという人達の後日談がテレビなどで再三放映されている。中でも、不思議な後日談として有名なのは「遠足帰りの幼稚園児を乗せたバス」の話である。

楽しかった遠足の帰路、園児を乗せたバスは事故が起きた現場近くまでせまっていた。すると、園児の一人が「おしっこ」と言い出した。先生は、もうすぐ幼稚園に着くからとなだめるが、どうしてもおしっこがしたいと駄々をこねた。仕方なく、先生は運転手に停車して欲しいと告げて、道路沿いにあったパチンコ店に入って用を済ませた。
そして、バスが走り出した途端に前方の信号待ちで停車していた車両の上から巨大な橋げたが落下してきたという。タイミング的には、本来ならば完全に事故に巻き込まれていたのである。

さて、問題はここからである。
この話を聞きつけたテレビスタッフが、既に小学生になっていた元園児らに調査した。「おしっこ」と言った園児は誰だったのか?すると、先生も、元園児達も記憶が曖昧で思い出せないという。あの事故は、目の当たりにして今でも鮮明なのに、その園児は思い出せないというのだ。

だが、テレビスタッフの懸命な調査で、やがて2人の園児の名前が出てきた。そこで、早速2人について調べると、1人は当日は風邪で遠足を休んでいたことが判明。もう1人は、遠足前に転園しており勿論遠足には参加していなかった。そして、遠足の集合写真でもその2人は写真には写ってはいなかった。

一体、多くの園児達を救った、この「おしっこ」と言った園児は誰だったのか?


ホーム

inserted by FC2 system