岡山元同僚女性殺害事件


-経緯-
平成23年9月30日、住田紘一(当時29歳)は、岡山市北区の元勤務先に退社手続きで訪問した際、同僚で派遣社員の加藤みささん(当時27歳)を言葉巧みに誘い出し会社の敷地内にある倉庫で強姦。その後、加藤さんの「命だけは助けて」という哀願も無視してナイフで10回以上刺して殺害。現金2万4千円も奪って、車で遺体を大阪市内の自宅近くにあるガレージへ運んで遺体をバラバラに切断して近くのゴミ捨て場や河川に遺棄した。

会社では、勤務中に加藤さんが行方不明になったことで大騒ぎとなった。だが、行方は杳としてつかめず警察に通報。岡山県警は、会社の防犯カメラに加藤さんと一緒に歩いている住田を割り出し重要参考人として手配。10月6日、大阪府警は自宅にいた住田を任意同行して取り調べたところ、犯行を認めたため殺人容疑で逮捕した。

-動機-
住田は、犯行の10日前の9月20日に会社を退社した。犯行当日は、社員証を返却するため元勤務先に出向いた。手続きを終えた住田は、事前に強姦を計画していた3人の女性のうち、加藤さんを連れ出すことに成功した。住田は、元総務で、加藤さんは庶務を担当。2人は別のフロアで勤務しており、書類のやりとりをする程度の関係だった。犯行の動機は、「付き合っていた女性が別の男と結婚したため、むしゃくしゃした欲求不満を晴らそうと思った」と自供。実に短絡的な動機であった。

-死刑判決-
岡山地裁での公判では、「出所したら、交際していた女性と結婚した男を殺害する」、「殺人は手段として是認される」など、自分勝手な考えを供述するなど、加藤さんへの犯行に反省の弁は見られなかった。一方で、「死刑になるため、わざと自分を悪く見せようとした」、「両親を残して命を絶てない」などと態度を一転。公判を振り回した。

平成25年2月14日岡山地裁は、「十分に反省しているとは思えない」と断じて死刑を言い渡した。弁護側は、即日控訴の手続きに入ったが、3月28日に住田本人が控訴を取り下げたため死刑が確定した。

尚、前科が無く1人の殺人で死刑が確定したことは、「永山・連続射殺魔事件」の永山判決による量刑に矛盾が生じるとの指摘もあり、死刑判決の難しさを露呈した。


ホーム

inserted by FC2 system