昭和20年代


昭和20年8月 朝日新聞の終戦 戦前は国民に戦争を煽り、終戦となるや平和主義に即日転向。朝日新聞の終戦顛末記。
昭和20年8月 八高線・正面衝突事故 終戦から9日後、八王子と高崎を結ぶ八高線で、列車同士が正面衝突。死者105人の惨事。
昭和20年11月 熊沢天皇騒動 我こそ南朝の正統天皇であるとしてGHQに訴え大騒動に発展。その信憑性とは。
昭和20年12月 寝屋川・工場一家殺人事件 大阪・寝屋川町の工場主一家6人が殺害される。犯人は従業員の正井幸太郎だった。
昭和21年1月 和歌山・8人殺害事件 母が死亡したのは虐待が原因と思いこんだ次男が兄一家8人を殺害する。
昭和21年3月 歌舞伎・仁左衛門殺人事件 歌舞伎俳優の仁左衛門一家5人が同居人に殺害される。動機は食べ物の恨みだった。
昭和21年4月 福岡・雑貨商一家殺人事件 福岡の日炭の炭鉱町で雑貨商を営む一家6人が殺害。犯人は炭鉱夫の辻隆二。
昭和21年5月 日光中宮祠事件 栃木県日光市の旅館一家6人が惨殺された。事件は9年後に奇跡的な解決をみる。
昭和21年5月 上大崎アベック連続殺人 東京の上大崎でアベックの男女が連続して殺された。犯人は嫉妬から犯行に至った。
昭和21年7月 山小屋殺人事件 香川義春は、共犯と金員を強盗しようと烏帽子岳の山小屋で大学生2人を殺害。死刑確定。
昭和21年7月 大阪・ヤミ屋4人殺人 元海軍軍人が、今日の食べ物が無いほど貧窮しヤミ屋を殺害。逮捕までの13年間の夫婦愛
昭和21年8月 小平事件 戦後間もない東京・増上寺の境内で全裸女性が発見された。前代未聞の連続殺人事件に。
昭和21年8月 榎井(えない)事件 香川県榎井村(現琴平町)のタバコ配給員が拳銃で殺害された。だが犯人は冤罪だった。
昭和21年8月 熊本・農家6人殺害事件 在日朝鮮人の3人が本国帰還のため資金作りに強盗殺人。帰国3日前の犯行だった。
昭和21年9月 広島・母妹殺害事件 邑神一行は、定職につかず遊んでいたことから妹に罵倒され、実の母と妹を殺害。死刑確定。
昭和21年11月 毒殺強盗団事件 原田千里等3人は共謀して青酸カリで3人を毒殺。金員を奪った。死刑確定事件。
昭和21年12月 奈良手拭村強殺事件 左達丑太郎は、仲間3人と農家宅へ押入り家人を殺害。死刑確定した左達は従犯だった。
昭和22年1月 第二・小平事件 小平事件に類似した連続女性殺人事件が発覚。犯人は買出し女性に甘い言葉で惨殺。
昭和22年2月 静岡・5人殺害事件 静岡市の雑貨商一家5人が殺害された。9歳から3歳の幼い子供達も惨殺される。
昭和22年2月 八高線・列車転覆事故 買出し客を満載した列車がカーブで転覆し死者163人をだす大惨事に。
昭和22年3月 辻嘉六・隠退物資事件 敗戦直後の日本軍貯蔵物資が忽然と消えた。横流し闇金は大物フィクサー辻を通じて政界に
昭和22年4月 三人組拳銃強盗殺人事件 大谷高男は仲間と共謀して強盗。警官と拳銃で対峙して警察官を殺害。死刑確定事件。
昭和22年5月 福岡事件 敗戦間もない物不足の時代、ヤミ軍服の取引で中国人ら2人が殺害される。犯人は冤罪か。
昭和22年5月 矢野村・農家一家殺人事件 兵庫県矢野村で兄弟が強盗殺人を犯す。主犯の兄に代わり弟が身代わりで死刑に。
昭和22年6月 名古屋・2女性殺害事件 伊藤幸治(仮名)は、悪仲間と女性宅に押入り2人を殺害。極悪非道の犯罪に死刑が確定。
昭和22年7月 広島・加計町強盗殺人事件 米田実と岡崎保雄は、強盗目的で農家3人を殺害。死刑が確定したが、米田は従犯を主張。
昭和22年9月 静岡刑務所暴動脱獄事件 受刑者637人が暴動。9人がトラックを奪って脱獄した。刑務所内は無法状態だった。
昭和22年10月 山口判事・餓死事件 敗戦直後の食糧不足時代に「食糧統制法」の番人である判事が闇米は食えぬと餓死する。
昭和22年12月 鹿児島・雑貨商殺害事件 17歳の少年が、雑貨商夫婦を殺害。屋久島に逃亡するが逮捕される。死刑確定後に恩赦。
昭和23年1月 寿産院・もらい子殺し事件 ずさんな管理で嬰児が餓死、栄養失調などで85人が死亡。毎晩通う葬儀屋と産院の関係。
昭和23年1月 帝銀事件 帝国銀行椎名町支店に都の衛生班に化けた男が職員12人を毒殺前代未聞の毒殺犯人。
昭和23年2月 逆恨み母子殺人事件 和歌山県内の無職Aは、日頃の非行を両親に告げ口されたことを恨んで隣家の親子を殺害。
昭和23年4月 愛知・肝とり殺人事件 病気を治すには人間の生肝を食べると効果があると殺害。生きて復讐しようとした動機とは。
昭和23年4月 仙台市・強盗放火殺人事件 18歳の少年が仙台市の一人暮らしの老女を殺害してから放火。死刑確定事件。
昭和23年5月 市川・博徒仲間殺害事件 山崎小太郎は、博打で大負けしたことから勝った博打仲間から金を奪おうと殺害。死刑確定。
昭和23年6月 広島・両親殺害事件 山岡昭二(仮名)は、両親の厳しい躾に逆恨みして両親を殺害。死刑確定事件。
昭和23年6月 昭和電工疑獄事件 化学肥料メーカの昭和電工が復興金融公庫融資の便宜に政・官・財に巨額の賄賂をばら撒く
昭和23年8月 九州大・生体解剖事件 太平洋戦争の末期、B29爆撃機の搭乗員を生きたまま解剖実験を行った行為で判決。
昭和23年11月 東京裁判・判決 太平洋戦争における戦争責任を裁く東京裁判で判決が下る。戦勝国が敗戦国を裁く矛盾。
昭和23年11月 幸浦事件 静岡県幸浦村で一家4人が惨殺された。4人が逮捕されるが拷問王・紅林警部補の捏造が。
昭和23年12月 免田事件 熊本県人吉市で一家4人が鉈で襲われ両親が死亡。免田栄が逮捕されるが34年後無罪に。
昭和24年3月 暁に祈る事件 敗戦でソ連の捕虜となった残留邦人に過酷な労働を強制した吉村隊長の記事が掲載される。
昭和24年4月 枝川事件 朝鮮人窃盗団の主犯が枝川に潜伏。この居留地に踏込んだ警察官が拉致監禁された。
昭和24年6月 福島県一家4人殺害事件 無職のAは、強盗目的で開墾入植者宅に侵入して一家4人を殺害。死刑確定事件。
昭和24年6月 兵庫・菅野村老婆殺人事件 借金を苦に恩人宅へ窃盗目的で侵入し発見されるや殺害。戦後女性1番目の死刑囚に。
昭和24年7月 下山事件 常磐線綾瀬駅付近で国鉄総裁の下山定則が轢死体で発見。他殺か自殺か現在も謎のまま。
昭和24年7月 三鷹事件 三鷹駅の車庫から無人電車が暴走。駅前を破壊し死者6人、負傷者20人の惨事に。
昭和24年8月 松川事件 東北本線の松川駅付近で機関車が脱線。枕木の釘が抜かれ脱線工作されていた
昭和24年8月 弘前事件 青森県弘前大学医学部教授の妻が殺害される。容疑者への物的証拠が捏造だった。
昭和24年8月 小田原・5人殺害事件 小田原で銭湯を覗き見したと疑われた男が逆上し銭湯一家5人を殺害した。
昭和24年10月 南穂高村・一家4人殺害事件 松下今朝敏は農業のAから分家一家殺害の依頼を受けて仲間と共謀して4人を殺害。
昭和24年11月 光クラブ事件 東大のエリート山崎が金融会社・光クラブを設立。人生は劇場だと自殺するまでの顛末。
昭和25年1月 二俣事件 静岡県二俣町で一家4人が殺害。奇術師一家のA少年が逮捕されるが警察の捏造だった。
昭和25年1月 東大助教授毒殺事件 帰省先から上京中の東大助教授が車中でウイスキーを飲んで死亡。犯人との確執が。
昭和25年2月 財田川事件 香川県財田村で闇米ブローカが殺害される。谷口繁義が逮捕されるが33年後無罪に。
昭和25年4月 拓銀支店長一家6人惨殺事件 及川寛吉は、拓銀美深支店に押入り支店長一家等6人を惨殺。106万円を強奪して逃走。
昭和25年5月 小島事件 静岡県小島村で主婦が殺害され25世帯しかない村落では疑心暗鬼に。警察が捏造。
昭和25年6月 オー・ミステーク事件 日大の運転手が同大の給料を強奪。逮捕されると「オー・ミステーク」を連発。
昭和25年7月 金閣寺放火事件 京都の国宝・金閣寺が放火により焼失した。放火犯人は同寺の徒弟だった。その動機とは?
昭和25年7月 黒人米兵集団脱走事件 小倉で黒人米兵200人以上が集団脱走し暴行・略奪。市民を恐怖に陥れる。
昭和25年10月 梅田事件 北海道の営林局員二人が連続して失踪。犯人に名指しされた梅田は冤罪だった。
昭和25年12月 三鷹・牟札事件 一人暮らしの女性が突然失踪する。土地売買に関わった男が逮捕されるが容疑を否認する。
昭和26年1月 孫斗八・洋服商殺人事件 在日朝鮮人の孫が洋服商を惨殺。死刑執行を逃れる為、あらゆる訴訟で日本のチェスマンに
昭和26年1月 八海事件 山口県麻郷村八海で瓦製造業夫婦が殺される。犯人検挙から思わぬ冤罪事件へ発展した。
昭和26年2月 中華・八宝亭殺人事件 東京・築地の中華料理店主一家4人が惨殺された。犯人はあまりにも意外な人物だった。
昭和26年4月 連続警察官等射殺事件 原田国雄は派出所からピストルを奪って警官等3人を射殺。昭和29年に死刑執行。
昭和26年4月 桜木町事故 神奈川県桜木町駅で京浜東北線の電車が突然炎上。死者106人の大惨事に。
昭和26年7月 アナタハン島の女王事件 マリアナ諸島の小島゛アナタハン島゛から女性1人と19人の男性が帰国。驚愕の真実とは。
昭和26年7月 農場管理人一家惨殺事件 北海道伊達町で農場管理人夫婦が頭部に五寸釘を打ち込まれ死亡。犯人の動機とは。
昭和26年8月 藤本事件 熊本県水源村の役場職員宅が爆破された。逮捕された男はハンセン氏病で差別問題に。
昭和27年1月 栗田源蔵・連続殺人 連続して女性・子供に暴行を繰り返し8人を殺害。死刑判決を二度受けた稀代の殺人鬼。
昭和27年1月 白鳥事件 札幌市内で左翼取締り担当の白鳥警部が帰宅途中に射殺された。犯人は日共か?
昭和27年3月 御殿場・宿直員殺害事件 西本昌男(仮名)は、強盗目的で役場に侵入。宿直の職員2人を殺害。死刑確定事件。
昭和27年4月 日航「もく星」号墜落 戦後初の民間航空会社「日本航空」発足から2年。福岡行きのマーチン202型が大島で墜落。
昭和27年5月 血のメーデー事件 日米講和条約締結後、初のメーデーでデモ隊と警官隊が衝突。皇居広場で2人が死亡した。
昭和27年5月 静岡県上野村・村八事件 参議院補欠選挙で村組織あげての替え玉投票を告発した女子高生一家が村八分に。
昭和27年6月 荒川バラバラ殺人事件 荒川でバラバラにされた死体が発見される。被害者は警察官で犯人は学校教諭の妻だった。
昭和27年6月 菅生事件 大分県阿蘇山麓の菅生村にある駐在所が爆破された。次第に警察の関与が明るみに
昭和27年8月 千葉・猟銃3人射殺事件 石田範は、遺産相続のトラブルから弟等3人を猟銃で射殺。死刑が確定事件。
昭和27年12月 鹿地事件 作家の鹿地亘が1年前から行方不明になっていたが不意に帰宅。背後にスパイ事件が絡む。
昭和27年12月 大阪風呂屋一家4人惨殺事件 銭湯従業員の兄弟は銭湯経営者一家4人を殺害。死刑確定事件。
昭和28年3月 栃木・雑貨商一家四人殺し 栃木県市羽村で女主人ら一家4人を絞殺。犯人の菊地は母親に会うため拘置所から脱獄。
昭和28年3月 バー・メッカ殺人事件 東京・新橋のバー・メッカで証券ブローカが殺害される。犯人は慶応大学卒業のエリート。
昭和28年9月 大阪一家4人殺害事件 菓子問屋住み込み店員Aは、人使いが荒いと主人一家4人を殺害。死刑確定事件。
昭和28年11月 徳島ラジオ商殺人事件 徳島のラジオ店経営者が何者かに殺害された。内妻が逮捕されるが、その後冤罪に。
昭和29年1月 造船疑獄事件 不況にあえぐ造船・海運業界が、業界に有利な法案制定を目的として政界に賄賂をばら撒く。
昭和29年1月 ダイナマイト2人爆殺事件 堀慶喜は、知人夫婦に対する恨みから家にダイナマイトを仕掛けて爆殺。死刑が確定事件。
昭和29年1月 保全経済会疑獄事件 大衆から出資金名目で集めた保全経済会が破綻。出資金47億円はどこに消えたのか?
昭和29年1月 ラストボロフ事件 在日ソ連の二等書記官ラストボロフが行方不明に。やがて日米ソの情報活動が明るみに。
昭和29年3月 第五福竜丸被爆事故 遠洋マグロ漁船「第五福竜丸」がビキニ環礁近くで米国の水爆実験による死の灰を浴びる。
昭和29年3月 島田事件 静岡県島田市で幼女が誘拐、殺害される。赤堀が逮捕されるが、34年後無罪となる。
昭和29年4月 鏡子ちゃん殺害事件 東京都文京区の小学校のトイレで小1年の女児が殺害された。犯人は療養中の青年だった。
昭和29年7月 カービン銃事件 保安庁(現、防衛庁)の隊員がカービン銃でギャング強盗。逃亡仲間は元女優であった。
昭和29年9月 中村喜市郎・連続殺人 福岡県で離婚話のもつれから妻と知人の8人を殺害した怠け者の理容師が逮捕される。
昭和29年9月 洞爺丸沈没事故 青函連絡船の洞爺丸が台風の影響で沈没。人的判断ミスが約1200人の命を奪う。
昭和29年10月 茨城・精米業一家殺人 精米業一家9人が惨殺される。犯行は毒殺後の放火で容疑者が自殺。第二の帝銀事件か?
昭和29年10月 仁保事件 山口県の農家6人が殺害。犯人とされた岡部は自白を強要され死刑判決。その後冤罪に。
昭和29年11月 埼玉・人違い殺人事件 一方的に横恋慕した男が、女性を殺害しバラバラに。だが、この女性は人違いだった。
昭和29年11月 北海道質店主ら殺害事件 山野井鴻志は、金欲しさから質店に強盗に入り2人を殺害。死刑確定事件。

ホーム

inserted by FC2 system