比国女性2人バラバラ殺人事件

-経緯-
平成20年4月3日午後5時頃、元コンサルタント会社役員の野崎浩(当時49歳)は、東京都港区お台場の賃貸マンションで同居していたフィリピン人女性のカミオオサワ・ハニーフィット・ラテリアさん(当時22歳)と口論になり、首を絞めて殺害。その後、包丁でラテリアさんの遺体をバラバラにした。

一方、ラテリアさんが六本木の飲食店に出勤してこないことに不審を抱いた親類の女性が同マンションに駆けつけると、ラテリアさんの肉片を抱えていた野崎を目撃。親類の女性は叫び声を上げて部屋から逃げ出した。野崎も犯行が発覚したため、ラテリアさんの肉片をかき集めてスーツケースに入れて逃走した。

親類の女性の通報で、警察が同マンションの家宅捜査をしたところ、紙袋に入った肉片を発見。警察は殺人事件とみて直ちに野崎を指名手配するとともに行方を追った。一方、野崎は新幹線で浜松駅へ逃走。駅前のロッカーに肉片が入ったスーツケースを隠し、残りの肉片が入った紙袋を近くの川に投棄した。

犯行から3日後の6日夜、埼玉県川口市に逃走した野崎は路上で手首を切って自殺を図ったが、結局は死に切れず自ら119番通報して救助を要請。駆けつけた救急隊員に犯行をほのめかしたことから警察に通報。警察が、浜松駅前のロッカーに隠していたスーツケースを発見したことから、野崎を殺人容疑で逮捕した。

-以前の殺人も自供-
警察は、野崎を厳しく追求。その結果、供述通り栃木県那須町のホテル跡地からラテリアさんの内臓を発見した。更に、平成11年4月22日に埼玉県草加市で失踪したフィリピン人女性のヨネダ・ロンガキット・エルダさん(当時27歳)の殺人に関しても厳しく追求。その結果、野崎は犯行を自供したため、エルダさん殺人で再逮捕した。

-死刑確定-
平成21年12月16日東京地裁は、ラテリアさん殺害に関しては無期懲役、エルダさん殺害に懲役14年を言い渡した。平成22年10月8日東京高裁は、一審の無期懲役を破棄してラテリアさん殺害に対して死刑。エルダさん殺害に対しては懲役14年を言い渡した。平成24年12月14日最高裁は二審を支持して野崎の上告を棄却。野崎に死刑と懲役14年が確定した。刑事訴訟法により、刑が重い死刑が優先されるため死刑執行までの懲役は無い。


ホーム

inserted by FC2 system