製麺所夫婦殺害事件

-経緯-
平成14年8月31日、中国福建省籍の元解体工の謝依俤(当時25歳)は、東京都品川区のアパートの大家で製麺所経営の早川勇さん(当時64歳)宅に押し入り、早川さんと妻の蓉子さん(当時57歳)を持参したナイフで数回刺して殺害。現金4万7000円と指輪など貴金属を奪って逃走した。

謝は、平成4年2月頃に中国から名古屋港に向かう貨物船に乗り込み密入国した。以降、職を転々としながら早川さんのアパートに住むようになった。だが、家賃の支払いは滞りがちで7月からはまったく支払っていなかった。一方、解体工の仕事は8月上旬には辞めていた。このため、密入国する際の借金や日本での不法滞在における数々の借金が膨れ上がった。そこで、謝は中国人仲間に「年寄り夫婦だから殺すのは簡単だ」と犯行を持ちかけたが断られたため、謝単独で犯行に至った。

-死刑確定-
平成18年10月2日東京地裁は死刑判決。平成20年9月26日東京高裁は謝の控訴を棄却。平成24年10月19日最高裁は謝の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system