DDハウス殺人事件他

-経緯-
平成20年2月1日大阪市北区の阪急ビル(通称DDハウス)のトイレで、無職の加賀山領治(当時58歳)は、強盗目的で会社員の男性(当時30歳)をナイフで脅した。だが、男性が応じなかったため、ナイフで刺して殺害。その後逃走した。8日になって警此花署に自首した。その取り調べの中で、平成12年7月29日発生した中国人留学女性(当時24歳)のバックを奪おうとした際、抵抗されたためナイフで刺して殺害した時の血痕のDNAが今回の事件と一致。このため、加賀山は再逮捕された。

平成24年7月24日最高裁は、加賀山の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system