山梨キャンプ場殺人事件

-経緯-
平成12年5月14日、山梨県都留市の朝日建設(平成15年8月倒産)の社長・阿佐吉広(当時50歳)は、従業員で土木作業員の横田大作さん(当時50歳)、多賀克善(当時51歳)ら3人を、当て逃げ事故を起こした制裁として元暴力団組長や社員などと共謀して暴行を加えた。制裁を受けた3人のうち、横田さんと多賀さんは尚も態度を変えなかったため、阿佐が経営する同市の朝日川キャンプ場に連れ込んで殺害。遺体を同キャンプ場に埋めた。

更に平成9年3月にも、労働条件に不満を抱いて反抗的な態度をとった男性に阿佐と腹心の社員は暴行を加えて同様にキャンプ場に遺体を遺棄していた。また、従業員が交通事故で負った際の保険金約2400万円も横領していたことが発覚した。

-過酷な違法労働-
阿佐は、大阪市西成区のあいりん地区や東京などから失業者らを言葉巧みに勧誘し都留市の飯場に集めてピークには100人以上の土木作業員を有していた。だが、その労働条件は完全な労働基準法違反であり過酷なものだった。6畳間に4人以上を詰め込み、一日の労働賃金から大半を搾取して作業員に支払う日当は事実上1000円程度。

また、月労働時間を15日以下に抑えて医療費は自己負担させていた。また、作業員が飯場から逃げないように暴力団の組員や阿佐の腹心社員が24時間見張っていた。平成10年頃から、都留市やあいりん地区の労働基準監督署には「給料を払ってもらえない」など苦情が多数寄せられており、当局も注目していた矢先の事件だった。

-:死刑確定-
平成18年10月11日甲府地裁は、阿佐に死刑を言い渡した。これを不服とした阿佐は控訴。平成20年4月21日東京高裁は一審を支持して阿佐の控訴を棄却。平成24年12月11日最高裁は阿佐の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system