群馬・暴力団組長ら3人射殺事件

−経緯−
平成13年11月25日、群馬県安中市の山口組系暴力団組長の高見沢勤(当時46歳)は、前年の平成12年7月に起こした玉突き事故の保険金詐欺が発覚するのを恐れて、配下の組員に命じて、事故の被害者役にさせていた土木作業員のA(当時60歳)を群馬県安中市の林道で射殺して山林に遺棄した。高見沢は、保険会社から約1300万円を詐取していた。

平成17年4月3日、高見沢は配下の幹部と共謀して、組事務所に身を寄せていたB(当時35歳)を拳銃で射殺した。その後、遺体を松井田町の山林に遺棄した。高見沢とBは、かつて同じ組に所属していた仲間だった。5年前に関西地区から移り住み高見沢の組事務所に出入りするようになった。だが、Bの態度、言動が原因で組内にトラブルが続いていた。

更に同年8月、稲川会系の幹部Cが破門となり、高見沢の事務所に出入りするようになった。これを不満に感じた稲川会系のD組長(当時61歳)ら数人がCの自宅を襲撃してCに重傷を負わせた。高見沢は、面子をつぶされたと激昂し同年9月4日午後11時過ぎ、安中市の路上でD組長を射殺した。

−死刑確定−
同年11月17日に高見沢は逮捕された。取調べから公判を通して「自分は、遺体を遺棄しただけ。いずれの殺人は配下の者が行った」として無罪を主張した。だが、平成20年2月4日、前橋地裁は、「組長の立場から組員に殺害を指示した。被告が責任を最も問われる立場にある」と断じて死刑を言い渡した。

同年12月12日、東京高裁は一審判決を支持して高見沢の控訴棄却。平成24年10月23日、最高裁は上告を棄却して高見沢に死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system