坂出祖母孫3人殺害事件

−経緯−
平成19年11月16日午前3時過ぎ、香川県高松市の無職川崎政則(当時61歳)は、妻が義理の姉(当時58歳)の借金の肩代わりをしていたことを恨み、坂出に住む義姉宅に侵入。たまたま隣に住む孫2人(当時、5歳と3歳)も泊まりにきていたため3人を持参した包丁で刺して殺害した。その後、坂出港の岸壁近くに遺体を埋めて逃走した。

家族は、3人が行方不明になったことから警察に通報。検証した結果、寝室に血痕が認められたことから事件に巻き込まれた可能性が大きいとして捜査を開始した。27日になって、捜査本部は川崎を殺人容疑で逮捕した。尚、遺族は金銭トラブルに関して否定している。

平成24年7月12日最高裁は川崎の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system