同僚と妻連続殺人事件

−経緯−
平成16年9月16日静岡県焼津市の生協職員滝修(当時35歳)は、ワゴン車内で同僚の男性Aさん(当時37歳)が、不倫相手を中傷したことから口論となり、包丁で腹や胸を刺して殺害。遺体を静岡市内の茶畑に遺棄した。その後、滝は何食わぬ顔で不倫相手の女性と交際を続けていたが、翌年になって不倫が妻に発覚。妻から不倫の解消を迫られた滝は、平成17年9月9日、自宅で妻をネクタイで絞殺。自宅の浴室で電気ノコで遺体をバラバラに切断して山林に遺棄した。

バラバラの遺体は、同年10月24日に発見された。焼津署は殺人事件として捜査を開始したところ、指紋から滝の妻と判明。滝は「研修を終えて帰宅したら妻が行方不明になっていた」と供述したが、曖昧な点が多く焼津署は更に厳しく追求したところ、Aさんと妻の殺害を認めた。

平成23年4月11日最高裁は、滝の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system