福岡連続3人女性強盗殺人事件

−経緯−
平成16年12月12日午後11時40分頃、トラック運転手鈴木泰徳(当時35歳)は、福岡県飯塚市内の公園で、専門学校の女性(当時18歳)を強姦のうえ、首をマフラーで絞めて殺害した。その後、財布を奪おうとしたが、通行人が現れたため何もとらずに逃走した。更に、同月31日の朝7時頃、北九州市のパート従業員の女性(当時62歳)を包丁で殺害して現金6万円が入ったバックを奪って逃走した。

翌年の平成17年1月18日早朝、福岡市内の公園で会社員の女性(当時23歳)を強姦目的で襲おうとしたが、通行人がいることから断念。包丁で腹など刺して殺害した後、財布、携帯電話などを奪って逃走した。

鈴木は、僅か1ヶ月間で3人の女性を殺害しておきながら、奪った携帯電話で出会い系サイトに電話するなど、罪の意識はまったく感じられなかった。3月8日、奪った携帯電話を持っていた鈴木を捜査本部が発見し身柄を拘束。同月10日に犯行を自供したため逮捕した。鈴木は、派手に遊んで800万円の借金があった。

平成23年3月8日最高裁は、鈴木の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system