中津川一家6人殺傷事件

-経緯-
平成17年2月27日、岐阜県中津川市の市立老人福祉施設元事務長、原平(当時61歳)は、長年にわたる鬱積した不満を解消しようと、実母のチヨコさん(85歳)の首を絞めて殺害した。この日、何があったのか。

この日の早朝。原の妻A子さん(当時56歳)は日帰り旅行のため原に最寄り駅まで車で送ってもらった。集合場所に着くと明るく手を振るA子さんに別れを告げて自宅に戻ったのが午前9時頃だった。

原は、まず長男の正さん(当時33歳)の部屋に入り、寝ていた正さんの首をネクタイで絞めて絞殺した。次に、仏間で寝ていたチヨコさんを同様に絞殺した。その後、飼っているシェパード2頭を山中に連れてナイフで刺して殺した。

午前11時頃、原は自宅から2キロ程離れた所に住む長女の藤井こずえさん(当時30歳)宅に出向き、「おばあちゃんが孫を見たがっている」と嘘をついて、こずえさんと孫2人(当時2歳と生後3週間)を自宅に連れ出した。こずえさん達が家に上がると、原は背後から娘と孫2人を同様にネクタイで絞殺した。

午後1時頃、原は娘婿の会社員藤井孝之さん(当時39歳)を言葉巧みに誘い出し、藤井さんが勝手口に入ると突然、「死んでくれ」と言って、藤井さんの腹を包丁で刺した。だが、必死で抵抗した藤井さんは、血みどろになりながら逃げて警察に通報した。原は、観念したのか風呂場で首を刺して自殺を図ったが死にきれなかった。

-動機-
チヨコさんは、神奈川県に住む次男夫婦の所に引き取られていたが、平成11年に次男が「もう母親とは生活できない」と兄である原に直訴。そこで、原はチヨコさんを引取り同居が始まった。チヨコさんは、生まれつき気が強く頑固で自己中心だったようで、原の家族とりわけて妻のA子さんには執拗に難癖をつけていた。A子さんが作った料理には一切口をつけず自炊。風呂も次に入るA子さんが入れないように浴槽に脱糞したり、生ごみを入れたりした。A子さんが植えた花も片っ端から引っこ抜くなど連日のいじめがあった。

それでも、A子さんは毎日を耐えていた。原は、家庭内ならまだしも、チヨコさんが近所でも問題になっていることを知った。郵便局の局長に難癖をつけて大声で罵倒するなど小さい町ではすぐに噂になっていった。

その頃、病院を退職して市の老人福祉の仕事に就くようになってから、原の精神状態が不安定になってきた。母親への恨みが募り、「もうやるしかない」と考えるようになった。だが、母親を殺害したら残された家族は殺人鬼の家族だという汚名が一生つきまとうだろう。であれば、家族全員を殺すしかないと思い込み犯行に至った。

-無期懲役の量刑に賛否-
平成20年1月13日岐阜地裁は原に無期懲役の判決を下した(検察側は死刑を求刑)。これには、チヨコさんの頑固、我儘な性格からくる家族の生活が滅茶苦茶にされたという情状酌量が最大限に汲み取られた。だが、それだと息子、娘、可愛い孫まで殺したこととは無関係であるはず。5人の殺害と1人に重傷を負わせて無期懲役の判決は当然過去の判例と照らし合わせても法の平等性の観点から疑問を唱える声も大きい。

平成22年1月26日名古屋高裁は、一審判決を支持して無期懲役の判決。これに対して、検察側は上告。現在、最高裁で審議されている(平成24年8月現在)。


ホーム

inserted by FC2 system