鉾田町高齢者連続強盗殺人事件

−経緯−
平成17年1月18日午前1時過ぎ、茨城県鉾田町(現鉾田市)の食品工場従業員の藤崎宗司(当時40歳)は、強盗目的で同町の無職の女性(当時75歳)宅に侵入し、両手で絞殺した後、仏壇やタンスなどから現金約7万円を奪って逃走した。更に、10日後の28日午前2時過ぎ、同町の無職女性(当時79歳)宅に侵入し、タオルで首を絞めて殺害。その後、金員を奪って逃走した。逮捕後の取調べで藤崎は、「お気に入りの女性がいるスナックに連日通うようになったが、ツケが多くなり出入り禁止となったため、何としても金を工面したかった」と供述した。

平成22年10月14日最高裁は藤崎の上告を破棄して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system