川崎アパート3人殺害事件

−経緯−
平成21年5月30日午前6時30分過ぎ、神奈川県川崎市内のアパートで、一階に住む無職津田寿美年(当時57歳)が生活音がうるさいと隣室の夫婦(夫71歳、妻68歳)を包丁で刺して殺害した。更に、この騒ぎで駆けつけたアパートの大家で殺された男性の実兄も玄関先で同様に刺して殺害した。犯行後、津田は自室に戻ったところを警察官に現行犯逮捕された。

津田は、取調べで、「隣室夫婦がドアの開閉、洗濯、掃除の生活音がうるさくで不眠症になった」と自供した。だが、警察の調べでは、同じアパートの住人からは、そのうな証言は得られなかった。

平成23年7月4日、津田は控訴を取り下げて死刑が確定した。

ホーム

inserted by FC2 system