館山市一家4人放火焼殺事件

−経緯−
平成15年12月18日午前3時過ぎ、土木作業員の高尾康司(当時40歳)は、酒を飲んでの帰り道、千葉県館山市内の民家に古新聞をライターで火をつけて投げ込んだ。火は一気に燃えあがり、この民家と周囲の住宅計7棟、約470uを全焼させた。この放火で、民家の主(当時56歳)と妻(同52歳)、長男(同27歳)、次男(同25歳)の4人が焼死した。高尾は、この放火以外にも同日未明から早朝にかけて、他の民家やスーパーにも放火したが、幸いにもボヤで済んだ。

翌年の平成16年1月6日午前4時頃、高尾は館山市内のスーパーや民家に放火したがいずれもボヤで済んだ。その後、車で移動中に市内の検問で酒気帯び運転の容疑で現行犯逮捕された。その後の取調べで、前年12月の放火焼殺事件など一連の放火事件を認めて再逮捕された。犯行の動機は、「10年前からイライラすると放火するようになった」と自供した。尚、高尾は、平成10年にも同市のキャバレーに放火して従業員1人が一酸化炭素中毒で死亡する事件も起こしていた。

平成22年9月16日、最高裁は高尾の上告を破棄して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system