長岡京ワラビ採り殺人事件

-経緯-
昭和54年5月23日午前10時頃、主婦でパートタイマーの石田秀子さん(仮名/当時43歳)と野口啓子さん(仮名/当時32歳)は、長岡天神駅前のスーパー「イズミヤ」の仕事を終え、自転車でワラビ採りにでかけた。

スーパーから数キロ離れたところにある河陽が丘の裏山、通称゛野山゛は、山菜やタケノコ狩りでよく知られた場所で地元では家族連れがお弁当を持って散策をするような場所であった。だが、奥に入るとさすがに寂しい場所で、過去には強姦などの事件も発生していた。

その後、野山に入った2人は忽然と消息を絶ってしまった。夜になっても帰宅しないため、心配した石田さんらの家族は警察に通報。警察は、直ちに2人の行方を捜索したが、25日の午前10時30分頃、山頂付近で2人の遺体を発見した。

石田さんは、首を両手で絞められたことによる窒息死。野口さんは、左胸に包丁が突き刺さったままで失血死。その致命傷以外に、2人の遺体には手拳や足蹴りによる全身30から50ヶ所の皮下出血が認められ、肋骨が数本も折れて肝臓も破裂していた。

現金、貴金属類などの所持品は奪われていなかったが、衣類の乱れや体液が検出されたことから性的暴行も認められた。また、石田さんのジーパンのポケットから、「オワレている たすけて下さい この男の人わるい人」と鉛筆で走り書きをしたスーパーのレシートが見つかった。

-犯行の残忍さ-
2人の遺体の状況からみて、手拳や足で殴る蹴るの執拗な暴行を加えたのは疑いのないところ。まったく罪の無い女性にここまで出来るのか?現金など所持品を奪っていないところをみると物盗りの線は無い。警察は、犯人は性的暴行が目的でありサディステックな性癖を持った者の犯行と推定した。

そこで、犯行当日に山に入っていた人や付近の目撃情報など片っ端しから聞き込み捜査を開始した。特に、遺体の状態から空手を習得している者で非行・犯行歴がある者を重点に捜査した。すると、市内在住の少年Aが空手を習っており、この野山にもよく出入りしていたという情報を得て事情聴取した。だが少年には犯行当日の完全なアリバイがあってシロと断定された。その他、様々な情報が寄せられたもののどれも決め手にはならなかった。

平成6年5月24日、延べ2万5000人を投入した京都府警の捜査も空しく時効を迎えた。真犯人は永久に闇の中に葬られてしまった。

-もう一つの事件-
この事件には、今でもある噂が囁かれている。それは、事件当日、被害者である石田さんと野口さん以外に実は同じスーパーでパート仲間の上野桂子さん(仮名/当時48歳)という女性も一緒に野山に行ってワラビ採りをしていたという。だが、上野さんは、用事があるため途中で野山を降りて帰宅したため難を逃れた。

それから、5年後の昭和59年5月15日、上野さんは自宅で首、背中を滅多刺しされ、更に布団にくるまれて、自宅を放火されるという事件が起きた。現場検証で判明したのは、5年前の犯人の血液型と今回の事件の犯人と思われる血液型が共にO型であることなど類似点が多いと言う。だが、警察では、この二つの事件を関連付けるコメントは一切していない。あくまでも都市伝説として、「5年前の犯人が、口封じのために上野さんを殺害したのだ」という噂にすぎないと思われる。


ホーム

inserted by FC2 system