大阪此花区パチンコ店放火殺人事件


-経緯-
平成21年7月5日午後4時15分頃、大阪市此花区の雑居ビル1階にあるパチンコ店「Crossニコニコ」から出火。消防隊が直ちに駆けつけ消火作業を行なったが、約440平方メートルの店内は全焼。焼け跡から、客の2人の女性(72歳と62歳)と男性(69歳)、従業員の女性(20歳)の4人が焼死体で発見され、19人が重軽傷を負った。

大阪府警此花署は、店員や客から「男が油のようなものをまいて火をつけて逃走した」との証言を得たことから、放火、殺人及び殺人未遂容疑でこの男の行方を追った。翌6日になって、職業不詳の高見素直(当時41歳)が、「自分がやった」と山口県岩国署に出頭。駆けつけた大阪府警此花署の捜査員が逮捕した。

-動機-
高見は、消費者金融からの借入れが300万円前後まで膨らんで、その返済に困窮していた。そこで、「仕事も金も無く、人生に嫌気がさした。通り魔みたいに誰でもいいから人を殺したいと思い、人が大勢いるところに火をつけた」と供述した。現在、大阪地裁で公判中(平成22年7月末現在)。


ホーム

inserted by FC2 system