大阪・岐阜連続強盗殺人事件



-経緯-
平成17年4月27日、新聞勧誘員の大橋健治(当時64歳)は、パチスロなどでできた借金の返済に強盗を計画。岐阜県揖斐川町の女性(当時57歳)宅に侵入し現金約1万5000円を奪った後、首を絞めて殺害した。5月11日、大阪に逃走した大橋は、旭区のマンションに住む主婦(当時45歳)に玄関でナイフを突きつけて金を要求したが、主婦が抵抗したため胸などを刺して殺害した。

警察は、現場に残された血液のDNA鑑定を行なった結果、大橋が犯人であると断定し全国指名手配した。その結果、8月4日潜伏先の大阪市天王寺の賃貸マンションに戻ってきたところを捜査員が逮捕した。

-死刑確定-
平成18年11月2日大阪地裁は、「身勝手な動機で、落ち度もない女性を殺害したことは残忍で冷酷な犯行」と断じて死刑を言い渡した。平成19年4月27日大阪高裁は大橋の控訴を棄却。平成22年1月29日最高裁は大橋の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system