池袋・通り魔殺人事件


−悲劇は突然に−
平成11年9月8日の午前11時45分頃、買い物客で賑わう池袋サンシャインビル近くの東急ハンズ池袋店前で、造田博(ぞうた・ひろし、当時23歳)が、突然ディーバックから包丁と金槌を取り出し「ウォー」と大声をあげながら付近を歩いていた男女3人に、次々と襲いかかった。さらに「むかついた!ぶっ殺す」と奇声をあげながら、池袋駅に向かって歩いていた男女7人を包丁で刺し、金槌で殴りかかった。

現場は騒然となったが、造田は通行人に取り押さえられ駆けつけてきた池袋署員に現行犯逮捕された。病院に運ばれた被害者のうち、主婦の住吉和子さん(当時66歳)と高橋真弥さん(当時29歳)が死亡。住吉さんの夫や高校生ら6人が重軽傷を負った。

−犯人の生い立ち−
造田は、岡山県倉敷市出身で、高校は進学校に通い、大学進学のため勉強も頑張っていた。彼に不幸が訪れたのは、高校2年生の時、両親が競艇やパチンコで多額の借金を作り、造田を置いて夜逃げしたことから始まった。造田が家に一人取り残され、借金取りに脅かされる毎日であった。

その後、高校を中退し仕事を転々とした。この頃から、造田は「アメリカは真面目、日本人は努力しない人」と言い出し、公共機関に手紙を送ったり、言動が不安定になっている。

その後、上京した造田は、東京・足立区の新聞店に勤務した。勤務態度は真面目で欠勤もなかった。店長も何かと相談相手になっていたが、同僚との関係に嫌気がさして、9月3日に新聞店を辞めた。その後、池袋を中心に繁華街をぶらつき、犯行に至った。動機は、通行人達が「努力していない人に思えて腹立たしかった。自分の価値を認めない社会に復讐するためだった」と意味不明な供述をしている。

−死刑確定−
造田の弁護側は、「犯行当時、造田は心神喪失状態にあり責任能力が無かった」と主張し無罪を訴えたが、平成14年1月18日東京地裁は、造田に死刑を言い渡した。造田はこれを不服として上告したが、平成15年9月29日東京高裁は一審を支持して造田の上告を棄却。平成19年4月19日最高裁は、「目についた通行人を手当たり次第に襲った犯行は極めて悪質。何ら落ち度のない被害者2人の命を奪った結果も重大だ」と述べ、造田の上告を棄却し死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system