秋田・児童連続殺害事件


−経緯−
平成18年4月9日、秋田県藤里町で同町営団地に住む畠山鈴香(当時33歳)は、長女で小学校4年生の彩香さん(当時9歳)を車に乗せて、自宅から数キロ離れた大沢橋の欄干に連れて行き、下を覗き込んでいる彩香さんを突き落として殺害した。その後、彩香さんの水死体は自宅から10キロ離れた川で発見されたが、警察は誤って川に落ちたものと断定し事故死として処理した。

一方、鈴香は、「娘は事故死ではなく殺害された」と主張し、駅前などで犯人探しのビラを配るなど、娘を亡くした不幸な母親を演じた。当初、同情の声もあったが、次第に鈴香のオーバーな言動や態度に近所では不審を抱くようになった。

その1ヶ月後の5月17日、鈴香の自宅から2軒隣に住む米山豪憲君(当時7歳)が下校途中に行方不明になった。両親は、警察に届けるとともに近所の人達と付近を捜したが、行方は杳として掴めなかった。翌日、能代市の市道脇でジョギング中の男性が豪憲君の遺体を発見。警察が現場に駆けつけて検証した結果、首に絞められた痕があり殺人事件と断定。直ちに捜査本部を設置して捜査が始まった。

地元住民は、僅か1ヶ月間に同じ団地内の2人の児童が死亡(この段階では、彩香さんは事故死)したことに大きな衝撃を受けたと同時に、疑いの目を鈴香に向けた。マスコミも連日、鈴香宅前で報道合戦するなど現場は大騒ぎになった。この間、鈴香は積極的に報道のインタビューに応えて、「自分の娘も殺された」、「警察は、もう一度捜査して欲しい」などと発言していた。

捜査本部は、彩香ちゃの事件も含めて捜査を開始。やがて捜査本部は、鈴香の供述が二転三転したり、アリバイなどはっきりしない点などから重要参考人としてクローズアップした。6月5日、捜査本部は、豪憲君の死体遺棄の容疑で鈴香を逮捕するとともに家宅捜査を行った。その結果、豪憲君のものとみられる体液や血痕などを発見。翌日、鈴香が豪憲君の殺害をほのめかす供述をしたため、同月25日に豪憲君の殺害容疑で再逮捕。更に7月18日、綾香さんを欄干から突き落したと自供したため再逮捕した。

−公判−
鈴香は、彩香さんの殺意を否定。欄干から、彩香さんが「魚を見たい」と覗きこんだ時、不意に背中を押してしまったと主張。豪憲君殺害に関しては、「彩香が天国で一人ぼっちだから可哀相だと思い、日頃から仲良く遊んでいた豪憲君を呼び寄せてロープで殺害した」と自供。その後、車で遺体を運んで遺棄したことを認めたが計画性は無かったと主張した。

鈴香は、彩香さんとどのように接触してよいのか分からず、なにかあるごとに怒鳴ったり罵倒した。また彩香さんとのスキンシップを嫌がり、怖がっていた一方で、「彩香が学校で苛められていないか」と学校に問い合わせするなど、二重人格的な傾向があった。公判中の簡易精神鑑定では、強い欲求不満、反社会的で著しく偏った人格傾向がみられるものの、幻覚などはなく責任能力はあると結論付けた。

平成20年3月19日、秋田地裁は、「2人の殺害は殺意を持って行われたが、計画性は無かった(中略)。豪憲君の殺害事件に関しては刑事責任は認められる」として鈴香に無期懲役を言い渡した。これに対して、弁護側、検察側がともに判決は不服として控訴した。尚、判決後、鈴香はサンダルをぬいで傍聴席にいた豪憲君の遺族に向かって土下座して謝罪した。


ホーム

inserted by FC2 system