伊勢原・母子殺害事件


-経緯−
平成13年8月4日、神奈川県伊勢原市の会社員・松井和子さん(当時43歳)宅に同居していた無職の加賀聖商(としあき/当時40歳)は、和子さんの長女(当時12歳)に、花火を見に行こうと誘ったところ、「行かない」と言われたことに腹を立て、包丁で背中を刺したうえ、腕で首を絞めて殺害した。更に、同日の午後10時頃、勤務先から帰宅した和子さんをナイフで背中を刺したうえ、ハンマーで殴打して殺害。現金1万円とキャッシュカードを奪って、翌日現金85万円を引き出して逃走した。

和子さんは母子家庭で、近所との付き合いもあまりなかったこと、中学1年生の長女も夏休みだったため学校側も気づくはずもなく、遺体は同月21日になって伊勢原署員が発見。直ちに、同居していた加賀が全国に指名手配された。一方、逃走した加賀は北海道夕張市でテント生活をしていたが、金を使い果たした9月24日に道警夕張署管轄の駐在所に自首して殺人容疑で逮捕された。

-死刑確定-
平成16年2月4日、横浜地裁は、「自堕落で無為徒食の生活では、中学生が反発するのは当然。自らの非を棚にあげている。母親の殺害は計画的な強盗殺人である」と認定し、加賀に死刑に死刑を言い渡した。一方、弁護側は、「母親の殺害は金目当てではなかった。娘の殺害は突発的であった」と主張し控訴。平成17年7月19日、東京高裁は、一審を支持して山本の控訴を棄却。平成20年6月5日、最高裁は、「犯行は執拗でかつ残忍。情状酌量の余地はない」として加賀の上告を棄却。加賀に死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system