塾講師・教え子殺人事件


−経緯−
平成17年12月10日午前9時頃、京都府宇治市の学習塾・京進宇治神明校(事件後に廃校)の教室で、アルバイト講師の同志社大学4年生・萩野祐(当時23歳。事件後に退学処分)は、教え子の小学校6年生の堀本紗也乃さん(当時12歳)を椅子に座らせて背後から出刃包丁で首や頭部、背中など数十回にわたり切りつけた。紗也乃さんは懸命に逃げたが、教室の前後の出入り口は、萩野によって施錠されていたため逃げることはできなかった。

萩野は、教室の奥に逃げ込んだ紗也乃さんを押し倒して、とどめに首を突き刺して失血死させた。その後、萩野は自ら警察に通報し、駆けつけてきた京都府警の警官に現行犯で逮捕された。殺害があった教室は、床や壁に血しぶきが飛んで真っ赤に染まり、犯行に使った出刃包丁のそばには、指が落ちていたという。この凄惨な殺人現場は、ベテランの捜査官も直視に耐えなかったという。

萩野は以前、紗也乃さんに個人面談を理由に1時間以上も教室に居残りさせて色々な質問をした。その質問を受けて紗也乃さんが答えると、萩野は「自分は心理学を習っているから、紗也乃さんが言っているのは全て嘘だとわかるよ」などと問い詰めた。そのことで、紗也乃さんは母親に相談。母親は塾側に抗議をしたが、塾側の改善は見られなかった。

生徒の間では、萩野が紗也乃さんや他に気に入った女子生徒に触ったり、顔を近づけるなどのセクハラ行為は有名だった。また授業中に突然奇声をあげるなど異常な行動が目立ったが、この段階でも塾側は、問題意識を持つことはなく改善処置はしていなかった。

−公判−
萩野は、紗也乃さんの殺害に関して素直に認めた。動機は、「紗也乃さんが自分に対して゛キモイ゛と言ったことが頭から離れず、裏切られたという思いから殺害を計画した」と供述した。弁護側は、「犯行当時、心神喪失か衰弱の状態だった」として減刑を主張した。

だが平成19年3月6日京都地裁は、「犯行時、精神病様状態(アスベルガー症候/注)の局面があったことは考えられるが、犯行直前まで大学の授業を受けていたり、塾の仕事もこなしていた。犯行時は、教室にあった防犯カメラのコンセントを抜くなど計画的で、責任能力は十分にある」と認定して懲役18年を言い渡した。萩野は、これを不服として現在控訴中(平成20年7月現在)。

注:対人関係の障害や、他者の気持ちの推測力、すなわち心の理論の障害が原因の1つと考えられている。特定の分野への強いこだわりを示したり、運動機能の軽度な障害も見られたりする。


ホーム

inserted by FC2 system