西宮市一家3人殺害事件


-経緯-
昭和33年8月7日、兵庫県西宮市の自動車修理業者宅に同店勤務で修理工のA(当時19歳)が強盗目的で侵入。主人(当時39歳)、妻(当時36歳)と母親(当時64歳)の3人をナイフで殺害。現金1万6000円と腕時計などを奪って逃走した。小倉まで逃走したが、逃げ切れないと思い同月12日に警察に自首して逮捕された。昭和38年2月7日に最高裁で死刑が確定した。

-参考サイト-
少年犯罪データベース


ホーム

inserted by FC2 system