福知山線・脱線激突事故

-経緯-
平成17年4月25日午前9時18分頃、JR西日本・福知山線宝塚発同志社前行き快速電車が塚口駅を通過直後、半径304mのカーブを曲がりきれず脱線。電車は猛烈な速度で線路横のマンション1階の機械式駐車場に突っ込み激突。1〜2両目は原型をとどめないほど大破、3〜5両目が脱線した。この事故で、死者107人、負傷者562人を出す大惨事となった。

-激突までのドキュメント-
高見隆二郎運転手(当時23歳)と松下正俊車掌(当時44歳)は、宝塚駅で同志社前行き快速電車に乗務して定刻より15秒遅れの午前(以下同)9時4分に出発した。北伊丹駅を34秒遅れの9時13分頃通過。次の停車駅である伊丹駅手前648mでATSにより「停車です。停車です」という警告を無視して時速112kmで走行。その結果、非常ブレーキを掛けたが間に合わず停止位置を72mもオーバーランして停止した。

高見運転士は、松下車掌に乗務用電話で「バックする」と連絡。よほど慌てたのか制限速度を超えて時速16kmで後退。その結果、停止位置を3m行き過ぎて停止した。このオーバーランで定刻より1分20秒遅れの9時16分10秒頃、伊丹駅を発車。その直後、高見運転士は松下車掌に「まけてくれへんか」と電話で連絡をした。松下車掌は、オーバーランの距離を実際よりも短く報告して欲しいということを理解した。オーバーランの距離数で、日勤教育(注1)の懲罰が大きく異なるからだった。このため、松下車掌は、高見運転士に対する同情から、指令室に「8m行き過ぎた」との虚偽報告をした。

9時18分、高見運転士は遅れを取り戻そうと時速122kmで塚口駅を通過。次の停車駅である尼崎駅手前の半径304mに差し掛かったところで、電車は猛烈なブレーキが掛かった。車内では乗客の殆どが床に倒れるほどの重力がかかり悲鳴が聞こえた。その直後、1両目は右側がフワリと浮上し左側の車輪が脱線。カーブを曲がりきれなくなり直線方向にあるマンション1階駐車場へ突っ込み激突して止まった。車両は1両目と2両目が九の字に曲がり原型をとどめていなかった。激突の衝撃は想像をはるかに超えた状態だった。

事故の原因は、カーブ手前の制限速度70kmに対し約116kmで進入したため曲がりきれなかったことによる。何故、このような速度でカーブに進入したのか。日勤教育が高見運転士にプレッシャーを与えたのか。あるいは心身的な問題があったのか。この事故で高見運転士も即死したため真の原因は闇の中となってしまった。また、福知山線は速度超過すると自動的に減速させる安全装置が装備されていなかった。安全よりも営業施策を優先していたJR西日本の企業体質にも非難の声が上がった。

(脱線・激突までのフロー)


(注1)
JR西日本では、乗務員がミスを犯した場合、運転や車掌の業務から外して、再度同じミスを起こさないよう教育指導することを行っていた。この教育指導を日勤教育と呼んでいた。だが、その実態は安全教育とはかけ離れた非人道的な懲罰制度(雑草取りなど肉体的労役や罵倒されるなど精神的ないじめ等)であると指摘され世間の非難を浴びた(JR側は、報道内容は実態と異なるとして反論している)。


ホーム

inserted by FC2 system