宇都宮監禁殺人事件


-経緯-
平成12年7月30日未明、暴力団組長・後藤良次(当時42歳)は、茨城県常陸太田市の知人で人材斡旋業の斎藤正二さん(当時33歳)に面子を潰されたと激怒して、仲間の元暴力団員・小野寺宣之(当時33歳)と共謀して暴行。その後、両手両足を縛って那珂川に投げ込んで殺害した。

同年8月20日午後10時50分頃、栃木県宇都宮市内のマンションに住む元自動車販売業で知人の小堀展史さん(当時37歳)方に、後藤、小野寺など5人が上がりこみ、不義理を働いたという理由で小堀さんとその仲間4人の両手両足を縛って監禁。4人に高濃度の覚せい剤を注射して飲食店店員の小林潤美さん(当時24歳)を急性薬物中毒で死亡させた。また、他の3人には刃物で胸などを刺した後、灯油をまいて放火。後藤等が現場から逃走した直後に、被害者の男性が消火したため3人の命は助かったが重軽傷を負った。

-死刑確定/上申書-
平成15年2月24日、宇都宮地裁は後藤に死刑を言い渡した。平成16年7月6日、東京高裁は一審判決を支持して後藤の控訴を棄却。平成19年9月28日、最高裁は後藤の控訴を棄却して死刑が確定した。尚、小野寺には無期懲役が確定。

後藤は、東京高裁の死刑判決後、茨城県警に2件の殺人に関与したという内容の上申書を提出した。その内容に県警は驚愕。裏付け捜査を開始した。第一の殺人事件は、平成12年12月8日に茨城県城里町の山林で発見されたカーテン販売会社社長Aさん(当時67歳)の死亡事件。当時、県警は病死と判断し事件としては扱わなかった。

今回の後藤の上申書によって、Aさんの妻(当時74歳)、娘(当時49歳)、その夫(当時51歳)、兄(当時58歳)とその妻(当時54歳)を逮捕して取り調べた結果、Aさんを殺害して保険金を騙し取ろうとAさんの妻が後藤に相談した。そこで後藤は、Aさんにウォッカを飲ませて泥酔状態にして殺害したことを自供。この時、保険金8000万円を騙し取った。

また、平成11年5月に、宇都宮市内で自営業のBさん(当時47歳)が首吊り自殺した件。当時、後藤はBさんに金を貸していたとされ、Bさんには1000万円の保険が掛けられていた。これも、後藤がBさんを絞殺した後、自殺に見せかけたと自供した。これが真実であれば、後藤は4人の殺害を犯したことになる。更には、これらの一連の犯行の首謀者は、茨城県在住の男で、現在娑婆で平然と暮らしているとの告白をしており、目下県警が捜査中である。


ホーム

inserted by FC2 system