ダイナマイト2人爆殺事件


-経緯-
昭和29年1月15日、和歌山県すさみ町の山林ブローカー堀慶喜(当時61歳)は、製材工のAさん(当時35歳)と妻の2人に恨みを持ちダイナマイト20本をAさんの自宅に仕掛けて爆殺させた。昭和35年12月15日、最高裁は堀慶喜の上告を棄却して死刑が確定。昭和36年3月、大阪拘置所で死刑執行。享年67歳。


ホーム

inserted by FC2 system