山口母子殺人事件


-経緯-
平成11年4月14日午後2時頃、山口県光市のアパートに住む水道工事会社勤務の福田孝行(当時18歳)は、同アパートの会社員・本村洋さん(当時23歳)宅へ水道検査を装って訪問。応対に出た本村さんの妻・弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲ったが激しい抵抗にあったため、首を絞めて殺害してから陵辱した。

更に福田は、弥生さんの遺体の横で泣き叫んでいた長女の夕夏ちゃん(当時11ヶ月)を床に叩きつけて紐で首を絞めて殺害した。その後、福田は遺体を押入れに隠して、弥生さんの財布などを奪って逃走。その足でゲームセンターに行って遊んでいた。

当日の夜、帰宅した本村さんが部屋の異変に気付き、押入れから妻と長女の遺体を発見。直ちに警察に通報した。警察は、殺人事件と断定し捜査本部を設けると同時に捜査を開始した。やがて、捜査線上に福田が浮上。殺人容疑で逮捕した。

-死刑か無期か-
平成12年3月22日、山口地裁は「犯行態様は、極めて残酷かつ残忍であり、非人間的である。が、当時18歳と30日の少年であり内面が未熟で発育途上にある」として検察側の死刑求刑に対して無期懲役を言い渡した。これに対して検察側は控訴した。

この頃、福田が拘置所から友人に送った手紙の内容が大きくクローズアップされた。それによると、本村さんが最愛の妻、子を失った無念と福田に対する激昂の気持ちをマスコミなどに発言していたことをとらまえて、゛あいつは調子づいている゛などと、反省どころか本村さんを侮辱するような内容だった。

だが、平成14年3月14日、広島高裁は一審を支持して検察側の控訴を棄却した。これに対して検察側は上告。平成18年6月20日、最高裁は量刑不当と判断し検察側の上告を認めて広島高裁に差戻した。この頃から、福田の弁護は安田好弘弁護士など20数名の弁護団で結成され死刑絶対反対の立場で弁護活動を開始した。

この頃、福田は強姦目的の殺害犯行を一転して否認。弥生さん殺害に関しては、「自殺した母親のイメージを重ね、甘えたいとの気持ちから抱きついたら抵抗されて誤って死なせた」、「強姦すれば生き返ると思った」、「ドラえもんがなんとかしてくれると思った」など新たな供述を主張した。

平成20年4月22日、広島高裁は「起訴後、6年を経過してからの新供述は不自然」。「自分の犯した罪の深さと向き合うことを放棄し、死刑回避に懸命となっているだけで、遺族の謝罪は表面的。犯行当時、18歳になって間もない少年であると考慮しても極刑はやむを得ない」として福田に死刑を言い渡した。これに対して弁護側は上告したが、平成24年2月20日最高裁は福田の上告を破棄して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system