広島・両親殺害事件


-経緯-
昭和23年6月11日、広島県加茂郡の山岡昭二(仮名、当時18歳)は、自宅で入浴中の母親(当時53歳)に「よう虐めてくれたのう」と匕首で刺し殺した。更に、父親(当時57歳)の帰りを待って、玄関で同様に殺害した。

山岡は、昭和21年に中学校を卒業して小学校の助教員になった。山岡の父親は元将校で1人息子の山岡に対して躾が厳しく、日頃からそのことを恨んでいた。事件のきっかけは、同じ教員の女性と深い関係となり妊娠させたことから父親に殴られ折檻をうけたことがきっかけだった。昭和25年2月21日、最高裁で死刑が確定したが、その後恩赦で無期懲役に減刑された。

-参考サイト-
少年犯罪データベース


ホーム

inserted by FC2 system