結婚詐欺殺人事件


-経緯-
昭和42年1月26日、東京都北多摩郡(当時)の飲食店経営・笹沼充男(当時19歳)は、交際中の美容師Aさん(当時28歳)を実家の母親に結婚の許しを得るためと偽り、栃木県矢板市郊外に連れ出してAさんを絞殺。ハンドバックや貴金属類を奪った後、東京都小金井市の玉川上水に遺体を遺棄した。同年6月5日に遺体が発見されたことから笹沼の犯行が発覚。14日になって警察は殺人及び遺体遺棄の容疑で笹沼を逮捕した。

笹沼は、前年の昭和41年にAさんと知り合った。その際に自分の年齢を27歳だと偽り交際を続け、結婚の約束をしてから60万円を騙し取った。その後、Aさんが結婚のことで笹沼に執拗に問いただしたことから笹沼はAさんの殺害を計画した。

-死刑確定-
東京地裁は、笹沼に無期懲役を言い渡した。これに対して検察側が控訴。昭和45年8月20日、最高裁は笹沼の上告を棄却して死刑が確定した。笹沼は、昭和43年4月に弟の差し入れた金ノコギリで鉄格子を切断して八王子拘置所を脱走した経歴があった。


ホーム

inserted by FC2 system