逆恨み母子殺人事件


-経緯-
昭和23年2月5日、和歌山県日高郡の無職A(当時18歳)は、日頃の非行を両親に告げられたことを逆恨みして近所の主婦(当時41歳)を出刃包丁で刺殺し長男(当時12歳)をタオルで窒息死させた。Aは、戦時中陸軍の少年航空兵に所属していたが、終戦後は大工見習いをしていたが仕事は長続きせず、街に出ては遊び歩いていた。昭和24年2月15日、最高裁で死刑が確定した。

-参考サイト-
「少年犯罪データベース」


ホーム

inserted by FC2 system