青酸コーラ無差別殺人事件


−無差別殺人の恐怖−

昭和52年1月3日午後11時過ぎ、新幹線のビュッフェ(食堂車)でアルバイトをしている男子高校生A君(当時16歳)が同僚と勤務を終えて品川の従業員寮に戻る途中、品川駅と寮の400メートルの間にある電話ボックスにコーラが置かれていたのを発見した。中身は入っており栓もしていたため誰かが忘れたのだろうという軽い気持ちでコーラを持ち帰った。4日午前12時過ぎ同僚達はビール、A君は拾ったコーラを飲んだ。約5分後、A君は急に苦しみだして嘔吐。病院に運ばれたが、午前7時30分に死亡した。

同日の4日午後、その電話ボックスから600m離れた場所で無職の男性(当時47歳)が死んでいるのを通行人が発見。そばにはコーラのビンが転がっていた。東京は、正月気分から一気に冷め戦慄がはしった。また、北品川の赤電話にもコーラ瓶が置かれていたが、拾った中学生は飲まなかったため一命を取り留めた。

警察の調査で、コーラには致死にいたる青酸ナトリウムが混入されていた。警察は、不特定多数の無差別殺人として大掛かりな捜査を開始した。青酸ナトリウムが入手しやすい塗装業や加工業など徹底的に捜査したが、物的証拠に乏しく平成4年に時効が成立した。
事件当時、コカコーラの販売を自粛するスーパやお店が多数にのぼり、コーラ会社も大打撃を受けた

−大阪で飛び火−
東京の青酸コーラ事件から40日後の2月13日の朝、大阪の会社員・Bさん(当時38歳)が出勤途中、酒屋の前でコーラを拾い飲んだところ意識不明になった。また現場近くの電話ボックスにもコーラが一本置かれていた。警察が調査したところ、この二本のコーラから青酸化合物が発見された。
Bさんは、3日後に退院したがその後、自宅でガス自殺した。40日前の《青酸コーラ事件》が日本中で大騒ぎしていた中で、何故拾ったコーラを飲んだのか?何故自殺したのか?その謎は永久に分からなくなった。


ホーム

inserted by FC2 system