仙台市・強盗放火殺人事件


-経緯-
昭和23年4月20日、宮城県仙台市で、電気工のA(当時18歳)は、秋田県で就職するための費用を得ようと強盗を計画。顔見知りの資産家で1人暮らしの女性(当時51歳)を金づちで殴殺して放火。衣類などを奪って逃走した。Aは、古着を売りさばく段階で警察に逮捕された。昭和25年12月5日、仙台高裁は一審を支持して死刑判決。死刑が確定した。

参考サイト-
少年犯罪データベース


inserted by FC2 system