三人組拳銃強盗殺人事件

-経緯-
昭和22年4月23日、大谷高男は仲間の2人と共謀して神戸市須磨区の歯科医宅に強盗目的で侵入。家内を物色中、物音に気づいた家人が警察に通報。駆けつけた警察官と大谷等3人は拳銃を構えて対峙。やがて大谷は、警察官に向けて発砲したところ腹部に命中。警察官は、搬送先の病院で死亡した。

昭和25年9月、最高裁は大谷の上告を棄却して死刑が確定。服役後は模範囚として日々を送ったが、昭和30年2月11日に死刑執行が確定すると、大阪拘置所長は大谷や関係者等に内緒で大谷と最後の食事会や死刑執行の状況をテープで録音していた。当時の大阪矯正管区長の考えで、矯正するための資料に用いるための行為だった。

本テープは、平成20年5月6日の午前10時から文化放送にて放送された。死刑制度に関して全ての国民が是非を考えて欲しいという観点から放送することになったという。


ホーム

inserted by FC2 system