直方強盗殺人事件


-経緯-
昭和55年4月23日未明、無職の武安幸久(当時47歳)は、福岡県直方市の会社役員方に窃盗目的で侵入。部屋を物色中、現金数千円を奪った直後、家人の女性(当時64歳)に見つけられたため咄嗟に首を紐で締めて殺害した。

警察は、犯行の手口から武安が犯人と断定。武安を指名手配し逮捕した。武安は、昭和31年に福岡県で強盗殺人事件を犯して無期懲役刑で熊本刑務所に服役。昭和53年に仮出所していた。

-死刑確定-
昭和56年7月14日、福岡地裁小倉支部は武安に死刑を言い渡した。昭和61年12月2日、福岡高裁は武安の控訴を棄却。平成2年12月14日、最高裁は武安の上告を棄却して死刑が確定した。平成10年6月25日、福岡拘置所で死刑執行。享年66歳。


ホーム

inserted by FC2 system