徳之島・兄一家殺傷事件

-経緯-
平成14年8月16日、鹿児島県徳之島伊仙町の無職名古圭志(当時32歳)は、実兄で団体職員の名古博文さん(当42歳)方に押しかけて庭にいた次男(当時13歳)の胸を刺身包丁で刺して重傷を負わせ、更に部屋にいた博文さんの妻和美さん(当時40歳)と長女で高校3年生の千尋さん(当時17歳)の胸や腹などを刺して失血死させた。

名古は、同年2月に帰省し兄宅に同居していた。その際、名古が千尋さん等に口うるさく注意していたが、その事で兄と口論。その中で、「赤の他人」と言われたことに逆恨みを抱き殺意を抱いた。

犯行当日、夏祭りの準備で名古は知人と喧嘩になった。この時、仲裁に入ったのが兄の博文さんだった。この時、名古は兄が一方的に知人をかばったと思い込み激怒。一家を皆殺にすることを決意したのだった。犯行後、名古は徳之島署に出頭して殺人罪で逮捕された。

-死刑確定-
平成16年6月18日、鹿児島地裁は、「反社会的人格態度は強固で矯正は困難」と断じて死刑を言い渡した。また、兄の博文さんも「名古は弟とは思っていない」と極刑を求めていた。これに対して弁護側は控訴したが、同年8月26日、名古が控訴を取り下げたため死刑が確定した。尚、名古が控訴を取り下げた理由は記載が無く今だに不明である。

平成20年2月1日、福岡拘置所で死刑執行。享年37歳。


ホーム

inserted by FC2 system