佐賀・隣人親子殺人事件


−経緯−
昭和58年5月16日午後6時頃、佐賀県鳥栖市の会社員大石国勝(当時38歳)は、自宅の水道用ホースの金具が紛失したことで、犯人は隣家の高輪清治さん(当時38歳)の長男で中学生の賢規君(当時13歳)だと勝手に邪推して怒鳴り込みに行った。すると、高輪さんから身に覚えの無いことだと言われ口論となった。

激昂した大石は、一旦家に戻り包丁を着衣に忍ばせて高輪宅に戻ると、電話していた高輪さんに包丁でメッタ刺して殺害。妻(当時36歳)も同様に殺害。この騒ぎの間に賢規君は自宅を飛び出したが、大石は包丁を持って執拗に追いかけて家から100メートルの所で賢規君を捕まえると、同様に包丁でメッタ刺しして3人を殺害した。

大石は、犯行2日前の14日、水道用の金具が無くなっている事に気付き会社を2日間も休んで近所の人々に執拗に聞きまわった。そのあげく、以前所有するトラクターにいたずらしたことを認めた賢規君が犯人ではないかと思い込み犯行におよんだ。尚、大石は以前、頭痛やめまい等の症状から精神科医に通院していた病歴があった。また、近所付き合いも殆どなかった。

−死刑判決−
昭和62年10月12日、佐賀地裁は大石に死刑を言い渡した。これに対して弁護側は、犯行当時の大石は「精神的な障害があった」として控訴したが、平成元年10月24日、福岡高裁は大石の控訴を棄却。平成7年4月21日、最高裁は大石の上告を棄却して死刑が確定。平成12年11月30日、福岡拘置所で死刑執行。享年55歳。


ホーム

inserted by FC2 system