江戸川区老母娘強盗殺人事件

-経緯-
平成11年4月19日、東京都江戸川区の新聞販売員の府川博樹(当時33歳)は、同棲しているホステスに渡す金を工面しようと、顔見知りだった女性Aさん(当時65歳)の自宅を訪問し借金を申し込んだ。Aさんが、これを断ったところ、府川は突然逆上し頭部を殴打した後、台所にあった包丁でAさんの胸や腹などを刺して殺害した。

この騒ぎを聞きつけて別室から駆けつけたAさんの母親(当時91歳)も同様に刺して殺害。その後、府川は家中を物色したが、現金他金目の物を発見できず逃走した。2人の遺体は、4日後の23日に尋ねて来た親類が発見し警察に通報した。

警察は、強盗殺人事件として捜査を開始したところ、現場の様態や付近の聞き込みから府川が捜査線上に浮上。5月上旬に警察は府川を任意の事情聴取を行ったが、その後府川は逃走。同月18日に警察は府川を発見し殺人容疑で逮捕した。

府川は、同棲しているホステスに入れ込み、新聞販売店の従業員や保険会社に父親の病気の手術費と偽って約1000万円近くも借金を重ねていた。

-死刑確定-
平成13年3月21日、東京地裁は「女性の歓心を買い、独占するために生命をないがしろにした身勝手極まりない犯行」と断じて死刑を言い渡した。同年12月19日、東京高裁は府川の控訴を破棄。平成15年1月になって、府川は上告を取り下げたため死刑が確定した。平成19年12月7日死刑執行。享年42歳。


ホーム

inserted by FC2 system