安中・親子殺人事件


-経緯-
平成6年2月13日、水道設備業の松井喜代司(当時46歳)は、群馬県安中市のアパートに住むコンパニオンのA子さん(当時42歳)に結婚を断られた事に激怒して殺意を抱いた。当日、A子さんのアパート付近で待ち伏せしていた松井は、帰宅途中のA子さんを発見すると、持参してきたハンマーで顔や頭などを殴打して殺害した。

更に、怒りが収まらない松井はアパートから数キロ離れたA子さんの実家に車で乗り付けて、2人の結婚に反対していた父親(当時69歳)と母親(当時65歳)にも同様に顔や頭にハンマーで殴打して殺害した。その後、隣に住むA子さんの妹等にも殴るなどして暴行をはたらいた。この騒ぎで通報を受けた警察が、松井を逮捕した。

-死刑判決-
松井は、3人の殺害を認めたものの、計画的な犯行ではないと出張していたが、平成6年11月31日、前橋地裁高崎支部は、松井に死刑を言い渡した。これを不服とした松井の弁護側は情状酌量を求めて控訴したが、平成7年10月6日、東京高裁は松井の控訴を棄却。平成11年9月13日、最高裁は松井の上告を棄却して死刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system