岐阜一家3人殺害事件


-経緯-
平成6年6月3日、浜田美輝(当時44歳)は、内妻のA子さんが家出したことで激怒。A子さんの家族が匿っているものと勝手に思い込み岐阜県坂祝町の実家に侵入した。すると、A子さんは見当たらずA子さんの父親(当時61歳)と母親(当時59歳)、それと妹(当時31歳)が居るだけだった。激昂した浜田は3人をロープで縛って監禁。更に父親と母親を出刃包丁で刺して殺害。妹には、乱暴しようとしたが、隙を見て逃げられたため追いかけて同様に出刃包丁で殺害した。

A子さんは、日頃から浜田の暴力を受けており、次第に恐ろしくなり逃げ出していた。尚、浜田は昭和55年に妻を殺害して服役した前科があった。

-死刑確定-
平成10年5月15日、岐阜地裁は浜田に死刑を言い渡した。これに対して、弁護側は、「妹殺害は殺意が無く傷害致死である」、「浜田の精神状態の程度は、性格傷害が認められるものの、矯正は可能である」として情状酌量を求めていた。

浜田は、一旦は控訴したものの、同年6月3日「亡くなられた被害者に心よりの供養をしたい」との理由から控訴を取り下げて死刑が確定した。平成14年9月18日、名古屋拘置所で死刑執行。享年51歳。


ホーム

inserted by FC2 system