富山・社長夫婦殺人事件


-経緯-
平成3年5月7日午前4時頃、富山市の歯科医院事務長・瀬川光三(当時44歳)は、副業で始めた金融業が失敗し約1000万円の焦げ付きの穴埋めをしようと、知人で人材派遣会社の社長宅に侵入して社長(当時54歳)と社長の妻(当時37歳)をピストルで射殺した後、約1200万円を強奪して逃走した。

瀬川は、当初1000万円の穴埋めに勤務先の歯科医院長に無断で振り出した約束手形で急場をしのいだが、その処理に終われ、また消費者金融からも約1000万円の借り入れがあり、毎月の返済に困窮していた。

そこで、知人で裕福な人材派遣会社の社長を殺害して金員を得ようと知り合いの暴力団組員のAに犯行を持ちかけて犯行に及んだ。逮捕後の瀬川の自供で、前年の平成2年8月に発生した富山市内の不動産業者の車内から現金約1000万円が盗まれた事件は、瀬川の犯行であるとことが判明した。

-死刑確定-
平成5年7月15日、富山地裁は「自己中心的に窃盗や強盗を繰り返した末の強盗殺人で社会に恐怖と衝撃を与えた」と断じて瀬川に死刑を言い渡した。これに対して、弁護側は量刑不当として控訴。平成9年3月11日、名古屋高裁金沢支部は瀬川の控訴を棄却。

平成13年1月30日、最高裁は「主導的立場だった被告(瀬川)の責任は誠に重く死刑はやむを得ない」として上告を破棄。瀬川に死刑が確定した。また、共犯のAは上告を取り下げて無期懲役が確定した。平成19年8月23日、名古屋拘置所で死刑執行。享年60歳。


ホーム

inserted by FC2 system