中華航空墜落事故


−経緯−
平成6年4月26日午後8時16分、台北発名古屋行きの中華航空140便(エアバスA300型)が、名古屋空港への着陸に失敗して滑走路脇に墜落炎上した。この事故で、乗客・乗員の271人内、264人が死亡し7人が重傷を負う大惨事となった。
運輸省(当時)事故調査委員会が原因調査に乗り出したが、その中でヒューマンエラーが直接の原因として、またエアバスの誤操作を招く設計上の問題も指摘した。

−事故3分前−
140便は、台北から名古屋空港に向けて順調に飛行していた。名古屋空港への最終着陸段階で、高度330mを降下中に副操縦士が誤って離陸上昇モード(自動操縦モード)のレバーを引っ掛けてしまった。このため機首は一転、上昇方向に向かった。機長、副操縦士は離陸上昇モードレバーを引っ掛けてしまったことに気づいていないため、《降下するはずの機体が、逆に上昇(機首を上に上げていく)》していくことにパニックを起こした。このため、パイロット達は降下するため操縦桿を倒す。すると離陸するための自動操縦モードが、更に上昇させようと機首を上げていく。この繰り返しは、自動モード(上昇)とパイロット(下降)の相反する作用で、エアバスは最終的にほぼ垂直上昇した後、失速墜落した。

−機体設計の理論−
離陸の自動操縦モードになっているのにパイロット達は降下させようとした・・・エアバス機はこれをヒューマンエラーと判断(コンピュータ上)、自動操縦装置は、水平尾翼を機首上げ方向に作動させた。この状態では推力が着陸態勢に入っているため、失速を避けようと自動失速防止装置が作動しエンジンが全開、機体は殆ど垂直の状態になり失速墜落した。

欧州では、人間が作用した行為を、自動操縦よりも下位に見なし、ポーイング社など米国の航空機は、自動操縦であっても人間が作用した行為を優先するという設計になっている。
事故調査委員会は、140便のパイロットがこれらの相違点を即座に判断できなかったことが大惨事に繋がったとし、中華航空に対して訓練が不完熟であったと指摘した。


ホーム

inserted by FC2 system