古美術商ら2人殺人事件


-経緯-
平成6年4月4日、山口益夫(当時44歳)は自宅の四日市市内のマンションで新田定重と共謀し、元暴力団の中島儀正(当時43歳)をアイスピックで刺して殺害した。動機は、3月に岐阜県加茂郡の古美術商宅に押し入り現金100万円を奪って逃走した事件で、犯行後、中島が山口らに威圧的な態度をとるようになったため、口封じのため殺害することを計画したのだった。

犯行から翌年の平成7年3月30日、四日市市内の古美術商の渡辺甫さん(当時50歳)の首を絞めるなどして殺害。現金430万円を奪って遺体を岐阜県八百津町の丸山ダムに遺棄した。

-死刑確定-
山口、新田は逮捕後の取調べで、2人の強盗殺殺人に関して自供し起訴事実も認めていた。だが、主犯はどっちらであるかが、双方の供述で食い違いがあった。平成9年3月28日、津地裁四日市支部は山口と新田に死刑を言い渡した。これに対して弁護側は「死刑廃止は世界的な傾向」として控訴。

平成年10月3日、名古屋高裁は「両被告の利害が反するにもかかわらず、国選弁護士が1人では充分な弁護ができない」として、津地裁へ差し戻した。平成11年6月23日、差戻審の津地裁は、山口が主犯と断定し死刑判決。新田に無期懲役の減刑判決。これを不服として検察側が控訴した。

平成13年6月14日、名古屋高裁は「両被告の責任の差はない」と断定し、一審判決を破棄して2人に死刑を言い渡した。平成18年2月24日、最高裁は弁護側の上告を棄却して山口に死刑が確定した。尚、新田は控訴中の平成13年1月に病死している。


ホーム

inserted by FC2 system