長野・愛知連続4人殺人事件


-経緯-
平成16年1月13日午後10時頃、元土木作業員の西本正二郎(当時27歳)は、JR名古屋駅からAさん(当時59歳)が運転するタクシーに乗車。春日井市の路上で停車させ、突然Aさんの首をナイフで斬りつけて殺害。売上金など1万8000円を奪って逃走した。

同年4月26日、長野県飯田市で一人暮らしの女性Bさん(当時77歳)の自宅に侵入してロープで絞殺。金員を奪って逃走した。遺体は翌日の27日になって尋ねてきた長女により発見された。更に、8月10日、長野県高森町で同じく一人暮らしのCさん(当時69歳)方の玄関から声をかけて、応対に出てきたCさんをナイフで刺して殺害。金員を奪って逃走した。

9月7日、高森町でパート従業員の女性Dさん(当時74歳)も同様に玄関に応対に出てきたところをナイフで殺害し金員を奪って逃走。西本は、この4人の殺害の他、10数件の窃盗を繰り返していた。

西本は、数年前までは土木作業員として生計を立てていたが、腰を痛めてからは土木会社を退職。好きなパチンコにのめりこみ消費者金融に200万円の借金があり、生活に困窮していた。犯行当時、西本はレンタカーを借りて寝泊りしながら犯行を重ねていた。

9月13日、西本は窃盗目的で飯田市内の元同僚宅に侵入したが、長野県警飯田署に住居侵入と窃盗未遂の容疑で逮捕された。警察の取調べで、西本はDさん殺害の犯行を自供したため、9月17日に殺人容疑で再逮捕された。

-虚偽の供述と死刑判決-
西本は、奪った現金の額面は起訴状と一致していないと主張したが、その他の起訴事実は認めた。弁護側は、「西本の不遇の生い立ちが犯行に影響を与えた」として情状酌量を訴えたが、平成18年5月17日長野地裁は、「事件の重大性と悪質性を鑑みると刑の軽減は相当ではない」と断じて、西本に死刑を言い渡した。これに対して、西本は「被害者、遺族に申し訳ない。死を持って償いたい」と最終意見陳述で述べていたが、「明らかにしたいことがある」として控訴した。

控訴審で西本は、「平成15年4月か5月頃、福島市内をレンタカーで走っていた時、女性を轢いてしまった。警察に届けると、今までの窃盗が発覚すると思い、ロープで絞殺して山中に遺棄した」と述べた。更に、控訴審でこのことを述べたのは、「真実を全て話すことで償いたかったから」と述べた。

この供述で、福島県警は延べ1000人を超す警察官を動員して捜査したが、遺体の発見はできなかった。11月20日なって、西本は、福島の女性殺害は嘘だったと供述し謝罪した。平成19年1月11日、西本は控訴を取り下げて死刑が確定した。

平成21年1月29日、東京拘置所で死刑執行。享年32歳。

 

ホーム

inserted by FC2 system