熊谷男女4人殺傷事件


−経緯−
平成15年8月18日、埼玉県大里郡の無職A子(当時16歳)は、同県熊谷市の元暴力団員でゲーム喫茶経営の尾形英紀(当時26歳)と、数日前に知り合った少年B(当時15歳)の2人に、交際中の飲食店従業員の鈴木秀明さん(当時28歳)の殺害を相談した。

A子は、同年7月に鈴木さんと知り合い深い関係となった。だが、鈴木さんのアパートに寝泊りするようになってから2人は口論が耐えなかった。事件前には、A子の友人に「ムカつくから、ヤクザを使って(鈴木さんを)脅かそうかな」と言っていたという。そこで、A子は二股交際していたもう一方の尾形と少年Bに熊谷市のファミリーレストランで上述の通り鈴木さんの殺害を持ちかけたのだった。

午後1時過ぎ、A子は尾形と少年Bを連れ立って鈴木さんのアパートに向かった。すると、鈴木さんは同じアパートに住む同僚の女性Xさん(当時25歳)の部屋に居たため、言葉巧みに誘い出して鈴木さんの部屋に呼び出した。鈴木さんが、部屋に入ると尾形はいきなり包丁で鈴木さんを滅多刺しして殺害。この時、A子は「やっちゃぇ、やっちゃえ」と尾形にけしかけた。

この騒ぎを聞きつけたXさんが鈴木さんの部屋に入ると鈴木さんは既に絶命していた。尾形らはXさんと鈴木さんの同僚で別の部屋に居た女性のYさん(当時21歳)及びYさんと同居していた女性でフリーターのZさん(当時19歳)の3人を鈴木さんの部屋で監禁した。

その後、尾形の車に3人を乗せて、まずXさんを熊谷市内の資材置き場で首を絞めたり包丁で刺して重症を負わせた。更に、Zさんを秩父市内の公園で同様に重症を負わせた。また、Yさんは翌日の19日午前6時頃、絞殺された遺体が秩父市内の道路脇で発見された。

―恐怖の口封じ―
Xさんが瀕死の重傷を負って倒れているのを通行人が発見。直ちに、警察が保護したことから事件が明るみになった。警察はXさんからの供述から、犯人は尾形らと断定し緊急配備した結果、21日に尾形、22日にB少年、23日にA子を逮捕した。

尾形は、警察の取調べで「付き合っていた女(A子)を寝取られて面子が立たなかったので鈴木さんの殺害を決行した」こと、「3人の女性は死んだものと思っていたが、2人が生きていることをニュースで知り、口封じのため搬送先の病院でXさんZさん2人の殺害も計画していた」ことなどを自供した。

―死刑判決―
平成19年4月26日さいたま地裁は、「1日のうちに4人を殺害の対象とした(中略)。殺してでも面子を保とうとする暴力団特有の思考であまりに短絡的な犯行で情状酌量の余地はない」と断じて尾形に死刑を言い渡した。

これに対して、尾形の弁護側は控訴したが、同年7月18日に尾形自ら控訴を取り下げて死刑が確定した。また、A子は懲役5年から10年の不定期刑、少年Bは中等少年院送致が確定した。

 平成22年7月28日、東京拘置所で死刑執行。千葉法務大臣は、「自らが命令した執行なので、見届けることも私の責任」と死刑執行に立ち会った。


ホーム

inserted by FC2 system