栃木・妻他殺害事件

-経緯-
昭和63年11月19日、人材派遣業・長勝久(当時22歳)は、夫の暴力に耐え切れず栃木県小山市の実家に戻っていた妻の千秋さん(当時18歳)とよりを戻すため復縁を迫った。だが、千秋さんが断ったため、激怒した長が千秋さんの首を絞めて絞殺した。その後、千秋さんの遺体は、長の祖父宅に運び長の指示で父親が野菜畑に埋めた。

長は千秋さんを殺害後、同市に住む知人で工員の和田三喜男さん(当時26歳)のアパートに潜伏した。その直後から、長は和田さんの態度が気に入らないと暴力を振るうようになり、翌年の平成元年11月頃、頭などを殴って殺害した。この時も、長は父親に指示して遺体を野菜畑に埋めた。平成2年7月頃、遺体が発覚するのを恐れた長は、父親に再度指示して2人の遺体を掘り出して焼却。その後、再び遺骨を野菜畑に埋めた。

平成8年5月になって、長は別の傷害容疑で神奈川県警に逮捕された。県警は長への取調べの中で、妻の千秋さんが失踪していることや数々の不審な点を厳しく追及した結果、千秋さん、和田さん2人の遺体遺棄を認める自供を得た。

神奈川県警は、栃木県警に連絡を取り、長の供述内容の裏付けを依頼した。その結果、長の自供通り千秋さんの遺骨が野菜畑から出てきたため神奈川県警は改めて長を殺人容疑で再逮捕した。尚、和田さんの遺骨は今日現在まで発見されていない(平成19年3月現在)。

-公判-
長は当初から、「遺体を埋めたことは事実だが2人とも突然、体調が悪くなったもので、気づいたら死んでいた」として殺人を否認した。だが、平成13年12月18日宇都宮地裁は長に死刑を言い渡した。平成15年9月10日東京高裁は長の控訴を棄却して一審判決を支持。平成18年10月12日最高裁は、「確定的な殺意に基づく残忍な犯行で、動機に酌むべき点は見当たらない」と断じて長の上告を棄却。長に死刑が確定した。

この事件は、物証がほとんど無く、証言の信用性が争われた。長の父親は捜査段階では、「(妻に)男ができたので首を絞めて殺してしまった。遺体を埋めて欲しい」と息子から言われたことを自供していたが、公判では一転して長とのかかわりを一切否定した。だが長と同居していた女性が、和田さんに対する執拗な暴行の様子を証言したことが決め手となり、「確定的殺意」を認めて死刑を言い渡した。尚、父親の遺体遺棄容疑に関しては時効が成立し不起訴処分となった。


ホーム

inserted by FC2 system