医師ら生埋め殺人事件


−経緯−
平成4年7月23日深夜、貿易会社社長・高橋義博(当時42歳)は同社役員・酒井高通と社員の葛西勝、土木作業員の多田暁の4人で共謀し、美容室経営・深沢由秀さん(当時32歳)を自宅駐車場から拉致して世田谷のマンションに監禁した。

更に、高橋らは深沢さんが資産管理している知人で都立広尾病院の医師・小尾和洋さん(当時37歳)を電話で誘い出すよう脅迫した。翌24日に同マンションに出向いた小尾さんを高橋らは同様に監禁しピストルで脅して銀行口座から現金約80万円を強奪した。その後、2人に睡眠薬を飲ませてから車に乗せて栃木県藤原町の国有林の山中へ向かった。人通りもない山中に着くと、あらかじめ掘っておいた穴に生埋めにして窒息死させた。

殺害から4年後の平成8年6月14日に、警視庁の捜査本部は高橋ら4人を強盗殺人の容疑で逮捕。供述通りに藤原町の山林から小尾さんら2人の白骨化した遺体が発見された。

−動機−
高橋は、暴力団から数億円の借金があり毎月の返済に困窮していた。そこで、取引関係で知り合った小尾さんが、不動産売買で12億円の収益を得たことに目を付けて、これを強奪しようと犯行の計画を立てた。

そこで、酒井らに犯行の計画を打ち明けて綿密な犯行計画を練った。まず、小尾さんの資産を強奪するには、小尾さんの資産管理をしている深沢さんを拉致して資産状況の全容を把握する。その後、小尾さんを誘い出して資産を強奪した後、殺害するというものだった。だが、結局は現金約80万円とキャッシュカード3枚を強奪したにすぎなかった。

−死刑判決−
高橋は、殺害の実行行為には直接関与していないと主張していたが、平成12年8月29日横浜地裁は高橋に死刑を言い渡した。これを不服として控訴したが、平成15年4月15日東京高裁は高橋の控訴を棄却。平成18年10月26日最高裁は、「実行行為には直接関与していないが、計画を立てて共犯者らに実行させた首謀者にほかならず、刑事責任は最も重い」と断じて、高橋の上告を棄却し死刑が確定した。尚、共犯の酒井らは無期懲役が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system