矢板市・尊属殺人事件


−経緯−
昭和43年10月5日午後10時頃、栃木県矢板市内の雑貨商宅に同市在住の松田和代(仮名、当時29歳)が訪れ、「父親を紐で絞め殺しました」と泣き崩れた。警察は、雑貨商の通報で和代を同行させて自宅に急行した。すると、植木職人で父親の直吉(仮名、当時52歳)が既に絶命していたため和代を尊属殺人容疑で緊急逮捕した。

矢板署は和代から殺害の経緯、動機などを取り調べた。その供述内容は、取調官はもとより後の報道によって知った人々は驚愕した。この事件によって、「娘を近親相姦した憎むべき父親と娘の悲劇」そして「尊属殺人は違憲か否か」という2つの大きな問題がクローズアップされたのだった。

−鬼畜なる父親と娘の悲劇−
和代にとって悲劇の始まりは、昭和28年の中学2年生(14歳)の時に遡る。その頃の松田家は、父親の直吉と母親それに長女の和代を筆頭に妹2人、弟4人の9人家族だった。この大家族に対して自宅は茶の間に寝床の2間。家族は折り重なるように寝ていた。

この時、母と一緒に茶の間で寝ていた父親の直吉が和代の蒲団に入ってきて肉体関係を結んだ。あまりの衝撃に和代は声も出せなかった。これがきっかけで、直吉は母親の目を盗んでは和代の体を求めて週に2〜3回関係を迫った。

1年後の中学3年生の時、和代は耐え切れなくなり母親に事実を打ち明けた。驚いた母親は直吉を問い詰めたが、逆に直吉は包丁を持ち出して、「殺してやる」と暴れだした。身の危険を感じた母親は、和代と次女の2人を残して、あとの5人の子供を連れて出て行った。

このため、直吉と和代それに次女3人の奇妙な生活が始まった。さらに次女が中学校を卒業して東京の会社へ就職して家を出ると、直吉と和代の夫婦同然の生活が始まった。この間、直吉は酒を飲んでは暴れだし、連日のように和代の体を求めた。

和代が17歳の時、初めて妊娠した。以来、29歳までの間に5人の子供を出産(内、2人は死産)するという異常事態で、子供は和代の私生児として育てられた。6回目の妊娠の時、医師から「体を壊す」と忠告され避妊手術をする。誰よりも喜んだのは直吉で、益々和代の体を求めるようになった。

−最初で最期のチャンス−
昭和43年になって、和代は近くの印刷会社に就職したが、その職場で7歳年下の工員と初めて恋をした。工員は、和代に子供がいる事も知りながら求婚。感激した和代は直吉に相談した途端、「俺をコケにするつもりか。そいつをぶっ殺してやる」と暴れだした。

そこで、和代は家出を決意した。工員に連絡を取り、仕度を始めた途端、不穏な様子を察知した直吉が和代に乱暴して衣服や下着を切り裂いてしまった。泣き叫びながら、外に逃げ出してバス停留所に走ったが、既にバスは走り去った後であった。それ以来、和代は一歩も外に出られない生活が続いた。

事件当日、酔っ払った直吉が和代に、「お前が出て行くなら、3人の子供は始末してやる」と罵声を浴びせた。この時、和代は父親の殺害を決意し、寝静まった直吉の首に紐を巻いて力任せに締めたのだった。

−尊属殺人は違憲判決−
世間は、和代に深く同情した。だが、法律上は親や子供を殺害した場合、一般の殺人罪ではなく、「尊属殺人罪」が適用され死刑か無期懲役刑と定められていた。公判では、このポイントが大きな焦点となった。大貫大八弁護士は、「被告人の女性としての人生は、父親の人倫を踏みにじった行為から始まっている・・・この犯行は正当防衛または緊急避難と解すべきである。よって、この事件は、殺人罪ではなく傷害致死罪を適用すべきであり、尊属殺人、尊属傷害致死は適用すべきでない」と弁護した。

昭和44年5月29日宇都宮地裁は、弁護人の主張をほぼ受け入れて「尊属殺人は、法のもとに平等をうたった憲法14条違反であり、被告の犯行には一般の殺人罪を適用し、過剰防衛と認定した上で、情状を酌量して刑を免除する」と事実上の無罪判決を出した。

検察側はこれを不服として控訴した。昭和45年5月12日、東京高裁は「泥酔した父親への殺害は正当防衛とは認められない」として、和代に懲役7年、情状酌量として減刑し懲役3年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。

大貫弁護士は、これを不服として上告した。昭和48年4月4日、最高裁は「尊属殺人を普通殺人より重く罰すること自体は違憲とは言えないが、尊属殺人罪の法定刑が、死刑、無期懲役に限定されているのは違憲である・・・よって原判決を破棄する」との判決を言い渡した。これにより、和代は懲役2年6ヶ月、執行猶予3年が確定した。現行の法律規定が、司法の最高峰によって違憲とされた瞬間だった。


ホーム

inserted by FC2 system