大阪・堺市夫婦殺害事件


−経緯−
平成9年10月30日午後8時頃、江藤恒(当時55歳)は、知人の会社員3人と共謀して大阪府堺市の石綿製造会社経営のAさん(当時67歳)と妻のBさん(当時65歳)を殺害して資産を奪おうとAさん宅を訪ねた。Aさん宅に上がりこんだ江藤は、言葉巧みに話しかけて「土地建物処理の委任状」を書かせた後、突然Aさん夫婦に粘着テープを巻き付けて絞殺した。

Aさん夫婦は、「阪神・淡路大震災」で被災し兵庫県内から同市に転居していた。江藤とは、たまたま近所のカラオケ喫茶で知り合った間柄であった。当時、江藤はサラ金などから数百万円の借金を抱えて毎月の返済に困窮していた。そこで、Aさんが工場や山林などを所有し資産家であることに目を付けた江藤は、殺害して金員を得ようと計画した。この計画に知り合いの会社員3人に持ちかけて凶行に及んだのだった。

江藤らは、犯行前にAさんの工場のシャッターに「休業」の張り紙を貼って偽装工作を行った後、Aさん夫婦を殺害した。その後、遺体を車に乗せて河内長野市内の休耕地に埋めようと、ショベルカーで作業を始めたところ、休耕地の所有者が不審を抱き警察に通報。駆けつけた警察官に現場を発見され、江藤は殺人容疑で緊急逮捕された。

警察の取調べで、共犯の3人が判明し緊急配備した結果、1人を逮捕したが2人は逃走。内、1人は平成16年7月に自首してきたため逮捕したが、1人はいまだに逃走中。

−死刑が確定−
江藤は、殺害を認めたが殺意は否定した。だが、平成13年3月22日大阪地裁堺支部は、「計画的かつ確定的な殺意を推認できる」として江藤に死刑を言い渡した。これに対して江藤は控訴したが、平成15年1月20日大阪高裁は、江藤の控訴を棄却。平成18年9月7日最高裁は江藤の上告を棄却して死刑が確定した。

尚、共犯の3人のうち、1人は懲役10年、1人に同8年が確定。残り1人は今も逃走中(平成19年1月現在)。


ホーム

inserted by FC2 system